全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 オサムのギター弾き語り教室 スクールブログ あがらない、緊...

あがらない、緊張しないための究極のメソッドだよ

以前僕は、あがるな緊張しろと、

偉そうに命令口調で記事を書いたことがありますが、

最近では、これを翻しております。

結論を先に申しますと、

あがるのも緊張するのも良くないと言うことに尽きます。

じゃあ、どうすりゃいいの?という声にお答えしますね。


誰でも、ステージで顔から火が出るような思いをするのは、

避けたいですよね?

簡単にこれを防ぐ方法が実はあるんですよ。

先日、CSのチャンネル銀河で

宇崎竜童氏のアコースティックライブを放送してました。

そのライブのMCで宇崎氏は、何曲か歌った後でこんなことを言ってました。

「今やっと、会場が少し見えるようになりました。

そうか、そういう方々がいらしてるんだなと。」

そうなんです。

会場を見渡して、お客さんの顔を見る。

これが、一番簡単なあがるのを防ぐ方法なんです。

他のアーティストの方も、同じようなことを

ライブのMCで言っておられるのを聴いたことがあるでしょう?

アーティストではないけど、綾小路きみまろさんも、

毎回のようにお客さんの年代や顔かたちをいじり倒してるでしょう?

あれがそれなんですよ。

あれがそれ?どれのこと?

(年をとるとあれだのそれだの代名詞が多くなって、

意味がわからないと苦情を言われます)

お客さんの顔について言う事で、自分に向かった自分の意識を

他人への興味というか、関心に転嫁させるのです。

それがつまり、自分の状態がどうであるかを気にしない

と言うことにつながってくるのですよ。

おわかりですか?

自分の状態を気にしすぎると、

自分で自分があがっていることを認識してしまいます。

他人に目を向けることで、自分の状態をいやでも見れなくなるんです。

僕の場合、綺麗な女性がいたら、その人をなんとなく見たりします。

服装やスタイルも見ます。好みかそうでないかなどもチェックします。

(セクハラって言わないでね)

それだけですが、それだけで自分に向きかけた意識をそらすんですよ。

ぜひ、やってみてください。

でも、綺麗な人だからといって惚れてはだめよん。

 

(2017年6月14日(水) 21:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

六本木のパブで鍛えた技を全て伝授!業界の裏話や、魅せる方法も

ブログ記事 ページ先頭へ