全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 オサムのギター弾き語り教室 スクールブログ 後ろの声をマス...

後ろの声をマスターしたい人のために

先日、久しぶりにボイストレーニングに行ってきました。

自分が教えていることと、ボイトレの先生が教えていることに

差がないことを確認したかったんですが…。

そのレッスンの中で、

下向きに声を吹き込むような歌い方はNGだと教わりました。

歌の声は口から前に出すものではなくて、

首の後ろあたりから上に向かって響かせるものだといわれ、

あくびみたいな口で、声を口腔内にぶつけるのがいいと聞きました。

あくびの口で歌うというのは自分でもよくやってみたものですが、

今までなかなか上手くはいかなかったのです…。

そこで僕は泣くときの口やくしゃみの口でやってみました。

そしたらうまくできました。

どちらもよく響く声ですからね。

イメージがわかないという人は、

森進一の口でやってみてください。

下あごは動かさずに、

上あごを持ち上げて。

または、

志村けんの真似をして「いいよな」って言ってみて。

きっと

よく響く後ろの声が出ますよ。

ではまた。

 

(2015年11月25日(水) 21:22)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

六本木のパブで鍛えた技を全て伝授!業界の裏話や、魅せる方法も

ブログ記事 ページ先頭へ