全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 オサムのギター弾き語り教室 スクールブログ あがる人になる...

あがる人になるな!緊張する人になれ!!

練習不足でも何でもいい。

人前で歌って恥をかいてくるのだ。

これから書くことは、それから先の話だ。

恥をかいてきた人に聞きます。

あなたはあがる人?緊張する人?


あがる人は何もかも見えなくなってしまう。

緊張する人は、何もかもが見えすぎてしまう。

上達する人はどちらかな?

それは、緊張する人。


緊張する人は、自分の欠点がよく見えている。

だから、次に何をやらなければいけないか、

自分ですぐにわかる。

なぜか?

それは、ステージで恥をかくのは自分だとわかったから。

自分で工夫して練習して、ここはこうしたらどうでしょう?

などと、自分から聞いてくる。

次はきっと、笑ってステージを降りるんだと、

心に誓ってきたはずだから。


あがる人は自分が見えていないから、

どこが欠点かも、指摘されるまでわからない。

そもそも、自分のレベルさえ知らない。

結果、上達のスピードに大きな差が出る。

でも、安心してください。

あがる人も、緊張する人になればいい。


それじゃあ、緊張するためには、

どうしたらいいかというと

自分の、とんでもなく早くなった鼓動に耳を傾けろ!

自分の上ずった声に未熟さを感じろ!


今の自分を痛いほど感じてみたら、

すべてはそこから始まるのです。


今の自分を痛いほど感じてみたら、

すべてはそこから始まるのです。


2回書いたのは、大事なことだからです。


僕は初めてのステージで大恥をかいてきました。

酒場のギター弾きのときも、

へたくそとヤジられたことなど、数え切れません。

そのたびに、次はきっとという思いで

毎日の酔っ払い相手のステージを踏んできました。

今書いたことは、人事ではありません。

 

(2015年7月5日(日) 9:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

六本木のパブで鍛えた技を全て伝授!業界の裏話や、魅せる方法も

ブログ記事 ページ先頭へ