全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り栃木 日光市ギター弾き語り教室 スクールブログ 右手は「脱力」...

右手は「脱力」なるほど。んじゃ左手は?

こんにちは、日光ギター教室の野口です。

ブログを書くと次の日に誤字脱字を探すため
自分のブログをまた、読みます一応。

そして、ブログネタが出てくることが、
多々あります。

まさに「ひとりコール&レスポンス?」

そんな感じで、昨日のブログ内容が
「右手は脱力!」でした。

んじゃ、左手は?

ってなりますよね?

ズバリ、というか
もちろん、やっぱり

「脱力」

です。

余計なリキみは、ピッチが不安定になるし
(音程が基準より上がってしまう)
次の運指までが、ギクシャクしてしまったり
など、
つまり、イケてない演奏になってしまいます。

「ウチ握力なら、負けへんでぇ~(>_<)」
と握力測定みたいなのは

アーウトッッッ!!

音がプチペチョとショボイと
チカラが入っちゃうのも
わかるんですがね~。

指の動き的には、
ムカデの足の動きヨロシク
指板を這いずり回るような・・・

ムカデが這いずり回るで鳥肌が(汗)
(食事中の方すいません(~_~;)

必要最低限の動き、
指板から2㎝くらいまでの離れ具合
が、良いと思います。

脱力、脱力といいましても
まずリキみを一時期、体感して

「あ、やっぱ脱力って、大切じゃん!」

と思えれば、脱力目標を目指せるのかな~
と思います。

いずれにしても、自分で録音したり
先生や講師に聴いてもらったりして、

チカラの入れ具合で音程がどれほど変わるのか?
自分の耳で感じてみるところから
取り組んでみては?

無料体験レッスンでも、そんなことを
お伝えしたりしてます。

また、ギターに関する質問なども
何でも何回でも聞いてください。

では、また。

右手は「脱力」なるほど。んじゃ左手は?

(2015年5月19日(火) 16:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一歩を踏み出す貴方を全力応援!面倒見のいい先生だから無理なく続けられる

ブログ記事 ページ先頭へ