全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り栃木 日光市ギター弾き語り教室 スクールブログ 昨日のブログの...

昨日のブログの「身につける」には、どうしたら良いの?

こんにちは、日光のギター教室の野口理です。

当教室は、国道119号線沿いです。
今週は、さすがに車が多いっすねー。
みなさん安全運転でお願いします。

昨日のブログで、
「デキル」と「ミニツク」の違いについて
書きました。
今日は、ギター演奏を
「デキル」から
「ミニツク」に
発展させる方法を書きます。
三つにまとめてみました。

①弾けてる(覚えてる)フレーズなり曲なりを
負荷をかけて弾いてみる
例えば
・テンポを遅くして弾いてみる(逆に“速く”もアリ)
・目を閉じて弾いてみる(部屋を真っ暗でもOK)
・自分の弾いてる音を聞かないようにして弾いてみる
・keyを変えて弾いてみる
・リズムを変えて弾いてみる(8ビートの曲をシャッフルのリズムに変えたり)
などなど

②自分の演奏を
とにかくいろんな人に聴かせる、聴いてもらう

③そして、自分で考え工夫して
“身につける”コトを楽しめるようにする。

と、思いつくままに書きましたが、
結局、ギターを弾き続けてると上手くなってる過程で
やはり「飽きてくる」事が、身につけるコトの妨げに
なるような気がします。

いかに自分を楽しませながら、
負荷をかけるか、
挑戦させるか、

もし、あなたがマンネリを感じているなら
次のレベルのドアの前に立っているのかも
しれないですね。

日々のわずかな成長を感じながら
ギターライフを楽しみましょう!

では、また。


 

(2015年5月5日(火) 16:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一歩を踏み出す貴方を全力応援!面倒見のいい先生だから無理なく続けられる

ブログ記事 ページ先頭へ