サイタ音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り神奈川 マサトギター弾き語りスクール スクールブログ やろうと思うと...

やろうと思うとつまづく小石たち

こんにちは。

今回は「やろうと思うとつまづく小石たち」と銘打って、

もしかしたら今、弾き語りを、習いたい、はじめたいけど、
「まずどのギター買えば良いの?メーカーとかわからん」

「チューナー(音の高さを合わせる機材)だとか、ギターの替えの弦、
 ギターポリッシュとか、付属品にも種類あるし、どれが良いの?」

「チューナーもろもろ以外にもやりたい曲の譜面とかもそろえないとだし、
 ギター以外にも必要なアイテム多くね?」

「レッスン習い始めたとして、仮にレッスンの内容が良くても、
 まず普段家じゃそんなに音出せないし続く気がしない」

「THE 難しそう!」
etc...


「ただ弾き語りとか楽しそうだし、やってみたいはやってみたいけどねっ!!!!!」


とかね、思います。ってか僕も思いましたし、
身内でギターやってる人でも、こう思ってた人いました。

----------------------------------
僕は弾き語り以外にもボイトレの講師などもやってるんですが、

実際ボイトレを習ってる生徒さんの中にも、
僕がレッスンでピアノやギターを演ってて、
フとレッスンが落ち着いた時に
「ギターちょっと弾いてみる?」と聞くと、
みなさんやっぱり興味を持って楽器と遊びます。

上手いかどうか云々じゃなく好きかどうかでいえば
やっぱ歌が好きな人で、楽器も好きな人。少なくないと考えます。
----------------------------------


いろいろめんどくさそうなもろもろありますが、さっきも言った
「ただ弾き語りとか楽しそうだし、やってみたいはやってみたいけどねっ!!!!!」

これさえあればもう8割はOKです。


とまぁ、前置きが長くなりましたが、残りの2割を解決しましょう。

-----------------------------------
その 1 !!
「まずどのギター買えば良いの?メーカーとかわからん」

これはずばり「見た目が好きなヤツ」以上!!(・∀・)
音の違い?弾きやすさ?最初はそんなんわかりません。誰だってそうです。
味覚と同じで、それらは経験によって完成していく感性、または情報です。

しかも弾き語りのギターって事は、あなたの声に合うギターって事ですから、
それこそボイトレとかしてちゃんと自分の声を知らなきゃわかるものもわからない。

つまり、自分に合う性格もわからんのだから、とりあえず顔でしょ。
タイプのイケメソを選びましょう。(*´∀`*)

それに重ねて、
「普段家じゃ音出せんから続く気がしない」
という方は、ボディーの薄いギターや、
アンプ(音量を増幅させる機械)につなぐ事前提でつくられたエレアコというギター。
またはこちらもアンプにつながなければ小さい音しか出ないエレキギター
etc...
という風に、何かと適材適所なものは楽器屋行けば置いてます。
しっかりしてそうな店員さんに聞けば良いのが手に入ります。

-----------------------------------
お次に!!!その2!!
「チューナー、替えの弦、ギターポリッシュとか、譜面etc...
 ギター以外にも必要なアイテム多くね?」

確かに多いですね。特に、
替えの弦、ギターのボディをきれいにするギターポリッシュ、
弦についた指の油をとるクロス。
これらは必須です。僕らがごはんを食べたり風呂入ったりするのと同様に、
ギターの良い状態をキープする為に必要です。


ただ、
チューナーとかメトロノーム、コード譜という簡単な譜面ぐらいでしたら、
今の時代アプリですとかインターネットで無料でも良いのがあったりします。
僕も普段、音楽アプリとかで遊んでるので、
機材がなくてもフォローできる部分はあります。

-----------------------------------


最後に、通常レッスンになると、僕の場合、
利用料無料のプライベートスタジオでレッスンができます。
ギターも3,4本は生徒さんが使えるのがあるので、ギターを持ってこなくてもOKです。


いかがでしょうか、
大変なこともありますが、それを余裕で上回る楽しい可能性が弾き語りには眠ってます。
とりあえず手ぶらで良いので、気軽にギターをジャラーンと弾いて、
好きな歌を口ずさむところからでも良いので、
遊びに来てください(^―^)

 

(2015年4月24日(金) 11:35)

前の記事

この記事を書いたコーチ

アーティストに楽曲提供も。あなたの「それらしく弾きたい」を叶えます

マサトギター弾き語りスクール
マサト (ギター弾き語り)

横浜・武蔵小杉・元住吉・日吉・妙蓮寺・白楽

ブログ記事 ページ先頭へ