全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り大阪 隆行ギター弾き語り教室 スクールブログ 難関!! バレ...

難関!! バレーコードのコツ!!

FやBmなどのバレーコードは必ず躓くちょーーー難関です!!

ここで、どう押さえればいいのか、どう意識すればいいのかを、よくある失敗例から紹介させていただきます。

まず、人差し指だけでセーハ(全ての弦を押さえる)できるように練習するのですが、
実はFは6本全て押さえるのに対して、Bmは5本で済みます。
まずはBmから練習してみましょう。

まず、人差し指が弦に触れる場所を探します。
机などの平らなところに人差し指を置きます。  つま先だけでなく、指全ての面を乗せてください。

そこから右へ傾けてみてください。
斜めらへんに“角”がありませんか?  一番硬い部分です。
その部分が弦を押さえる場所です。

次に、指を当てる場所です。
爪の生え際の横を5弦に当てましょう。
その形で、セーハしてみてください。

ちなみにFの場合は6弦です。

コツは、指を曲げないことです。

意識は1,2フレットと5フレットです。


Fの場合も5フレットを意識しましょう。
6フレットを意識すると5フレットが鳴らないことがよくありますが、以外と5フレットを意識すると6フレットもできちゃいます。


角度
位置
意識するフレット

これを繰り返せば必ずバレーコードは出来ます!!

さあ!がんばってみましょう!!!!

 

(2015年3月29日(日) 20:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

「あの曲をカバーしたい」の夢をかなえます!優しい先生なので初心者も安心

隆行ギター弾き語り教室
金丸隆行 (ギター弾き語り)

平野・天王寺・長居・河内松原・藤井寺・近鉄八尾・河内長野・堺東・中百舌鳥・北野田・金...

ブログ記事 ページ先頭へ