全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り栃木 日光市ギター弾き語り教室 スクールブログ ギターを引き続...

ギターを引き続ける際の気になるランニングコスト。


こんばんは、日光市ギター教室の野口理です。

今日は、まだギターを始めてない人のために

ランニングコストの面での
角度でギターを考えてみます。

最低限必要なもので、ザックリ行きます。

まず、
◯ギター本体(お値段ピンキリまず3万円程度とします)
◯チューナー・メトロノーム(こちらもピンキリで、いろんなモデルありまず、3千円とします。)
◯弦・ピックは消耗品(やはりピンキリで、まず1千円とします)

アコギなら、ここまでの合計。

エレキなら上記の他
◯アンプ(小型で1万円とします)
◯シールド(アンプとギター本体をつなぐコード2千円とします)


以上です。

が、

よほどのトラブルがない限り
継続してかかる費用(ランニングコスト)は、
消耗品の弦とピック、
しいていえばスタジオリハーサル代くらいです。

初心者セットなんかだと
込み込みで、
もっと安かったりしますので、
楽器屋さん、ネットで色々見てみると
参考になると思います。


いずれにしても趣味としては、
そんなに高く無いと思いますが、
いかがでしょう?


ひとつ、注意点を上げるなら
ギター本体は、
楽器店で、実際に使わせてもらってから
買った方が良いですね。

消耗品(弦など)は、ネットで良いと思います。

まーギター本体は、どれを買うか迷ってると時が
以外と楽しかったりするんですよね〜(^ω^)

ウチでは、無料体験レッスンで、
その辺のご相談も受け付けてます。

お気軽にどうぞ。

では、またまた。

 

(2015年3月20日(金) 23:23)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一歩を踏み出す貴方を全力応援!面倒見のいい先生だから無理なく続けられる

ブログ記事 ページ先頭へ