全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 オサムのギター弾き語り教室 スクールブログ 弾き語りをカッ...

弾き語りをカッコよく決めるにはいくつかポイントがあります その1

①力みをなくして、メリハリをつける。


ただメリハリをつけろというと、

どうしたらいいかわからない人も多いと思います。

序盤部分で、さらっと流せればいいのですが、

なかなかそれができないものです。

力んでいてはサビが目立ちません。

力みをなくすためには、

敢えて難しいフレーズに挑戦することが大事



弾き語りで、

歌に入る直前にむずかしいフレーズを弾くことは、

歌に入る時、力む原因になる。

なので、出来る限りかんたんに済ませたい。

これが普通の考え方。

でも、歌の前にカッコいいフレーズで決めたい。

これがプレイヤーの心情。

だから、地道に

1曲1曲そういった曲のレパートリーを増やすことで、

力まなくなり、どんどん上達するんです。

あなたも、難しいからと言って

あきらめないで!

僕は、「難しそうだけど実は簡単」というフレーズを

いくつか隠し持っています。

 

(2015年2月2日(月) 23:02)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

六本木のパブで鍛えた技を全て伝授!業界の裏話や、魅せる方法も

ブログ記事 ページ先頭へ