全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り栃木 日光市ギター弾き語り教室 スクールブログ 自宅練習を続け...

自宅練習を続けやすくするために

こんにちは、日光市ギター教室の野口さとしです。

我がギター教室「ギタースタジオ119」は国道119号線沿いです。

けっこうな数の車が走ってます。(まぁー栃木県ですからf^_^;)

ですので、ギタースタジオと言いましても、
本格的な録音には向いてません。

練習演奏を簡単に録音はできますので、
ご希望の方は、録音希望と言ってください。

そんな立地条件なので、フツーにギター弾いてても
アンプで鳴らしても、OKです。

ところが、ギターお持ちの皆さん、
自宅で弾くと、「ご近所迷惑になるんじゃないか?」
と感じるとき、ありませんか?

そんな時に、
「少しでもサイレント練習(音を静か)に近い」
弾き方を、書いてみます。

まずは、エレキギターの場合。
「ヘッドホンで練習できる、機材をゲットしてヘッドホンで練習する」

今は、エフェクターにリズムマシンが入ってたり、
ギター入力できるメトロノームが、あるのでネットで調べて見てください。

びっくりなのが、スマホにギター入力できるモノもあるらしいので、
お好みで、ヘッドホン練習の環境を手に入れてください。

以前、エレキギターのアンプに繋がず
ヘッドホンでも音を出さず練習していたら、
ヘタクソになってました。気をつけましょう。

次にアコギの場合
「アコギ弦のブリッジ近辺に、布または、ヒモをつけて練習する」

こちらは、多少慣れが必要なのと、
音の伸びが確認できないので、
毎日はキツイかなと思います。

ですので、たまに公園とか河原、
チャレンジも含め駅前とか、
で弾くようにしたいですね。

エレキにしても、アコギにしても、
最後は、直接のアタック音
「チャリチャリ、ザクザク」が出てしまいます。

やはり、それぞれ各自での工夫が必要ですね。

次回は、
「エレキのヘッドホン練習 オススメの使い方」
をお届けします。

では、また。

 

(2015年1月21日(水) 20:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

一歩を踏み出す貴方を全力応援!面倒見のいい先生だから無理なく続けられる

ブログ記事 ページ先頭へ