全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 山さんのギター弾き語り教室 スクールブログ 上級編:ギター...

上級編:ギターでアドリブゥ〜♫

エリック クラプトンさんに
再登場頂きましょー!!(^-^)

クラプトンさん、好きは好きなんですが、
特別心酔しているワケでもありません。
なんだよ!?(笑)

大物だし超有名なので露出度も高く、
ギター奏法の解説等に頻繁に登場してました。

日本公演の際は原宿のトンカツ屋の行列に
よく並んでた目撃情報がありました。(笑)
いきなり脱線!?^_^;

その奏法なのですが、

自然よく目にするので試してみると
おお、これは何と合理的な!!!
と結構眼から鱗をやってくれます。

ども、世界一のギタリストは
誰が何と言おうとジェフベックだ!
と信じてやまない山中です。

好きなの・凄いのは山ほどいますけど、
ジェフベックは別格と感じまする。(^-^)

さてさて、

ギターのアドリブのお話ですが実は、
別にメロディが即座に出てこなくても
結構テケトーに弾けるのですよ!

そのカラクリを一つ二つ、
簡単且つ大雑把に書いてみようかなと。

あっ!!!

結構な上級のお話ですので
意味不明だったら悪しからずです。
はい。じっくりお願いします。

ボックス奏法と言われるのがあります。
クラプトンはこれの代表格だと言われてますが
実際ギタリストでこれ知らない人、
名称はさておき僕はいないと思ってます。
それくらいその筋では一般的な奏法の一つ。

読むだけじゃ多分わかんないと思うので
実際にギターで試しながらが良いです。

早速解説をば。

当たり前ですが一般的に
左手の指は5本あります。

ジャンゴラインハルトや
トニーアイオミの事は
忘れて下さいね。(笑)

親指はネックの裏側なので、
ギターの指板上で弦を押さえる指は
実際には4本。

この「4」がキーナンバー。

4つの連続するフレットを1ブロックとして
ギターの指板を分割して考えます。
そのブロックの中で音階(スケール)を
弾けるようにする。

これがブロック奏法の発想です。
メリットは横移動が少なくて済むこと。

具体例として・・・

0〜3フレット、3〜6フレット、
6〜9フレット、9〜12フレット、

以上4フレットずつ4ブロックで
弦は1〜6弦まで全部使います。

勿論キーが変わればフレットはズレます。
12フレットから上はオクターブ違いなだけなので、
同じ理屈が使えます。

ま、これはサワリなので、更に知りたくなったら
ご指名下さい。直接ミッチリ解説しますよん!

説明、続けます。

3〜6フレットのブロックで見てみましょう。

3フレットは人差し指
4フレットは中指
5フレットは薬指
6フレットは小指で

弦が変わっても
フレットが同じなら
押さえる指も同じ

このルールで押さえるワケです。
そうすると左手の横移動が要らなくなります。

実用的ではないですが合理的です。
これをそれぞれのブロックで練習すればOK。

横移動禁止ってことじゃないです。
横移動はギターの味を出すのに
もの凄く効果的ですしね。

たとえ横移動して隣のブロックに行っても
音階がちゃんと見えてさえいれば迷わない。

あわわ、音が分からんくなった!!
どーしよー、どーしよー!!
えーい、誤魔化してしまえ!!
叫んでしまえ〜!!!

おりゃー!!!!!!

と慌てることがなくなるのです。
d(^-^)

あくまでも奏法・発想の一つとご理解下さい。

実際これのみで演ってる人は皆無ですが、
身につけておくと、アドリブ、バッキング、
エレキ、アコギ、弾き語りに関係なく
ギター全般で絶対に役に立ちます。

僕、絶対ってあんま言わないんですが、

ゼッッッタイです!!!(≧∇≦)

ギターの指板上に地図が見えてくる、
そんな感覚が味わえますよーん!

他に、僕がアドリブで弾く時に
よく使ってるやり方があります。

前回のブログの記事で
コードの基本形は5つあると書きました。
樹に例えるならば、この5つの基本形を幹にして、
その枝葉、何の音がどこにあるのか、
と言う見方もよくやります。

自分なりのブロック奏法、
そう言えるかも知れませんね。
ま、同じ様に弾いてる人は
山ほどいると思いますが。^_^;

つまりコードの基本形を理解していれば、
アドリブを弾く際にも大いに役に立つ
ってことなんですな。(^-^)

上級編のお話であっても、
やっぱ基本あってのことなんです。

ギターの指板に広がる
音の世界を迷わず進む為の地図、
そのアプローチ・オサワリ編でした。

読んだだけで分かるとは思ってません。
つか、分かるなら既に上級者ですな!

ご自身なりの羅針盤を見つける
そのヒントになればこれ幸い!(^-^)

・・・・・・・

お約束の蛇足です。(^-^)/

ジェフベックも良いですが、

ジョーウォルシュも
味が溢れ出しててたまらんですね。
イーグルスのホテルカリフォルニアは
ギターソロを弾く為の曲だと
今尚信じてます。

何かのチャリティライブで
ジョーウォルシュ、完全に酔っ払って
全然ギター弾かなかったんですけど、
それでも彼はカッコいい!!
ズル過ぎる、、、

チャリティとは言えギャラ出てんだろ!
ちゃんと弾けぇー!!!ψ(`∇´)ψ
デレクトラックスに怒られてしまえ!!

でも、そういうトコも好き。(笑)

追記
2014年12月22日、僕の大好きなシンガー
ジョーコッカーが亡くなりました。
ちょっとショックが大き過ぎる、、、
RIP

 

(2014年12月24日(水) 8:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ストレートで力強い歌が信条!様々ジャンルに対応できる”コツ”を多数伝授

ブログ記事 ページ先頭へ