サイタ音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 山さんのギター弾き語り教室 スクールブログ たかがチューニ...

たかがチューニング、されどチューニング

アフリカのとある国々では
日本の名前を付けるのが
流行ってる時期があったそうです。

アフリカ某国出身の凄腕サックスプレイヤーの
本名を聞いたところ、女の子の名前でした。(笑)

凄くファンキーなナイスガイで
プレイも噂に違わず最高ですが、
見た目は極めてイカツい。

可愛い名前ねぇ~!!!
と言われるのが嫌なんだそうですが、
彼の望み通り本名を連呼する山中です。
基本でしょ~!!(笑)

はい、ギターのチューニングのお話です。
リズムの続きを書こうかと思ったんですが、
諸事ございまして、チューニングが先かなと。

ちなみエレキもアコギも共通です。
チューニングを笑う者はチューニングに泣く!!
楽器を弾く上でのエチケットですよ~。


さてさて取り合えずですが、

スマホとかタブレットをお使いの方は
無料のチューナーアプリを
ダウンロードしてしまいましょう!

ギターコードやらメトロノームやらの機能も
一緒になってる無料アプリもありますね。
いやはや、便利よのぅ、時代は変るものよのぅ、、、

ない方は楽器屋さんで
チューナーをゲットして下さい。
長く使うものですので、
持っておいて損はないですよ~。

音叉という渋い選択肢もあります。
多分音叉が一番耳が鍛えられますが、

ま、取り合えずは無料のアプリで事足ります。

そのアプリで音出して、
合わせれば良いだけの話。
ちなみに、、、

6弦の5フレット=5弦の開放(0フレット)=A(ラ)
5弦の5フレット=4弦の開放(0フレット)=D(レ)
4弦の5フレット=3弦の開放(0フレット)=G(ソ)
3弦の4フレット=2弦の開放(0フレット)=B(シ)
2弦の5フレット=1弦の開放(0フレット)=E(ミ)

というのが一般的です。
3弦と2弦の規則性が違いますのでご留意下さい。
開放弦を0フレットと考えておけば
コードの応用の際に役立ちますので、
早い内から意識しておきましょ

各々の弦の音程を合わせて、
上記の音が合っているのを確認、
コードを押さえて弦一本ずつを鳴らして
気持ちよく響けば完了!

お疲れ様です!!

まずはこれが基本の流れなんですが、
これで済めばこんな記事を
書く意味がありまっせ~っん!!

はい、続きです。

チューニングですが、エレキ・アコギに関わらず、
「最低3回」はやるモノだと思っておいて下さい。

1回目、2回目は大雑把にで構いませんが、
最後の仕上げは丁寧にこだわって下さいませ。

一回でいいやん!!メンドいや~ん!!

ダメです。ママは許しません。
最低3回やらないとペンペンします。(笑)

なぜ?の理由です。

チューニングは物理的に
弦を引っ張ったり緩めたりします。

その張力を変えると、
ギター(特にネック)に掛かる負荷が変わります。

結果、極々僅かですがネックが反って
他の弦の音程も変わってしまいます。

なので一回では絶対に合わない、
二回でも微妙なのです。
三回でも合わないときは合いません。

この寒い季節は特にそうなんですが、
外気温で弦は露骨に縮みます。
勿論チューニングは狂います。

電車のレールに継ぎ目がある理由と同じで
温度が変われば形が変わるのです。
繋がった一本のレールだと
暑い夏の季節には延びてしまって
曲がってしまうからなんだそうで。

もしギターを飛行機に載せる機会があったら
絶対にチューニングは事前に緩めて下さいね。

上空の寒さで弦が縮み上がって
最悪ギターのネックが折れる
なんてことも起こり得ますゆえ。


で、多分ですが、音が合ってるのかどうか
分からなくなる現象に陥ることがあると思います。

そんな時は、一旦ワザと音を下げて
明らかにズレた状態にして、
耳をリセットして下さい。

早い話がやり直しです。(笑)

案外皆さんこれをやらないモンです。
分からない状態で頑張っても
トンネルの出口は見えませんよ~。


そして以下はおいおいと考えてるんですが、、、

ハーモニクスを使ったチューニング法もあります。

チューニングを安定させる為に
弦をどう巻くかも大事になって来ます。

厳密なチューニングをするのであれば
無料のチューナーアプリではなく
チューナーが最終的には必要になります。

それぞれの弦のチューニングは出来てるのに
コードを弾くと音が合わない、って場合もあります。
これは細かい調整が必要な状態です。


てか、おいおいが多過ぎて困ってます。(笑)

蛇足ですが、東京、渋谷には
マルイという百貨店がありまして、
「○Ⅰ○Ⅰ」という表記です。
田舎者にはハードルが高い、、、漢検かよぅ、、
外国人の方もオイオイ言うてます。(笑)

お互い焦らずに参りましょ~!!

 

(2014年12月7日(日) 22:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ストレートで力強い歌が信条!様々ジャンルに対応できる”コツ”を多数伝授

新着記事

寒の緩みですなぁ。 ギター弾くには徐々に良い季節になりつつありますね。 ま、そんなこと関係なく年中弾きまくっている山中ですが。 はい、早速お断りで恐縮なのですが 僕はギターをお持ちでない方には 体験も含めてレッスンは行いません。 ごめんなさい。 一応僕のページにもその旨を...

元ジョージアサテライツのダンベアードが AC/DCの故マルコムヤングのギターを 「最もシツケられた世界に冠たるリズムギター」 と表現してました。 こんにちは、シツケ少な目、 自由奔放な山中です。 AC/DCと言うと オーストラリアが世界に誇る モンスターロックバンドで、...

寒かごとなってきました。 そんなことはつゆ知らず 絶好調な山中です。 今日もギターが楽しいです。 上級ってわけではないですが ギターを弾くこと以外の ちょいと実践的な音のお話をば。 手前の動画で恐縮ですが 以下は非常に分かりやすい 音比較のサンプルです。 ️<...

プチツアー終えたは良いが あまりに楽しすぎて 社会復帰が極度に困難な山中です。 まー、良か良か。 これがあるから次も頑張れるのです。 ライブ、楽しいですねー!! ギターも歌も楽しいですねー!! (=^▽^)σ さてさて、今回は コードボイシングのお話。 コードの...

暑いですねー、麦茶が美味いです。 額に汗してギターに勤しむ山中です。 唐突ですが、 もし皆さんでスパニッシュ風の ギターストロークに興味のある方は 以下チョロッと見てやってくださいませ。 アコギを弾く時にちょっとブレンドしても なかなかフックの効いたエッセンスを 醸...

ブログ記事 ページ先頭へ