全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 山さんのギター弾き語り教室 スクールブログ ピックのお話/...

ピックのお話/消耗品こそ色々試そう!

ピック・指・爪・それらの併せ技

右手で弦を弾く方法にもいくつかありまして、
ジャンルによって使い分けたりされてます。

白状します。僕は、

ピック:9割
指:5分
爪:微量
併せ:5分

こんばんは、「塩を少々」とか
無駄に書き足したくなる山中です。

こんな僕ですので
ピックのコトしか書けません。
ご容赦下さい。m(_ _)m

ピックの形や硬さにも色々あります。
弦と同じく好みでどれを選んでも構いません。

こうして書いていると、ギターって
「こうじゃなきゃいかん!」っことが
他の楽器に比べると少ないかもしれませんね。
要は気持ち良く演れれば形は問わない。

そういう自由度の高いところ、
僕は気に入ってます。(^-^)

ピックの形は、ティアドロップ・おむすび形・サムピックが代表的です。

・ティアドロップ
「涙の粒」、僕はこれ。名前が良いじゃないですか!(笑)
感触としては、右手の振り(ストローク)を
一番ダイレクトに弦に伝えらる感じがします。

・おむすび形
三角形、角が三つあるので長く使えて
一番エコです。手に収まる感じも安定してて、
持ってる指も疲れにくい気がします。

・サムピック
親指にはめるタイプです。他の指がフリーになるので、
指弾きやアコースティックブルーススタイルの方は
是非試して頂きたいです。

と書いといてなんですが、
個人的に重視しているのは
形よりも「硬さ」です。

モノは柔らかい(薄い)から
カッチカチに硬い(厚い)まで
メーカーや材質も含めて多種多様、
完全に好みの世界です。

もー、好きにして下さい!(笑)

柔らかい程ストローク向きで音は優しく、
硬いくなる程単音弾き向きでパワフルになる、
と考えてほぼ間違いないです。

ピックは弦と同じく消耗品で、
後生大事にするモノではありません。

色々試して頂いて、
ご自分が一番心地良く感じる着地点を見つけて下さい。(^-^)


参考程度の蛇足ですが、

今まで個人的に教えて来た方々の殆どは、
最終的に僕と同じピックに落ち着いてます。

メーカー:ダンロップ
形:ティアドロップ
硬さ:ミディアム
色:ピンク

ストローク良し、単音良し、カッティング良し、
弦に当たった時の感触やバウンス感良し、
音の立ち上がり良し、アタック感も申し分なし、
個人的には文句なしのベストピックです!(^-^)

さぁ、どうしますか〜!?
好きに選んで良いんですよ〜?
( ̄▽ ̄)

 

(2014年10月5日(日) 23:01)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ストレートで力強い歌が信条!様々ジャンルに対応できる”コツ”を多数伝授

ブログ記事 ページ先頭へ