全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 山さんのギター弾き語り教室 スクールブログ ファーストギタ...

ファーストギターをいかに選ぶか

おはようございます、山中です。(^-^)

我が家は父の仕事の都合で引越しが多く、
九州北部にてさながらジプシー状態だったのですが、
ジプシーキングスは意外や意外、
フランスのバンドだってご存知ですか?
早くも脱線してますね。いかんいかん。^_^;

中学三年になる時に何度目かも不明な引っ越しをし
時を同じく転入してきた男子と意気投合、
友達になり、家によく遊びに行くようになりました。

なんと、そやつ、ギターが弾けたのです!!
ビートルズの「Let it be」を聴かせてくれました。

「うおお、バリかっちょ良かぁー!!」

強烈な衝撃が脳天から爪先まで
一気に走り抜けたのを覚えています。

高校に入るや、泣け無しのお年玉貯金全額を叩き、
7万5千を頑張って1万値切ってファーストギターを買いました。

田舎の高校生には「世界征服できるっちゃなかろうか!?」
と勘違いするくらいの大枚でした。

初マイギター!!!
ウハウハのウヒウヒ〜!!!

始めに思ったコトは

「これでオレもモテモテばい!!」

・・・・・バカめ!!!
現実そんなに甘かぁ〜無い。

後にもこのアホアホギター少年の笑い話は
山程あるんですが、それはまた追い追い。

こんなアホアホ君ではありまするが、
買う時のポイントは間違ってませんでした。

それは・・・

インスピレーショーーーン!!!

えっ、何すか、それ!?
本物のアホアホですか?

、、、否定できません!!(笑)

だって、わかんないんですもん。
知識なんてあるワケないですよ。
「なんとなくこれが良い」のみ、
正真正銘の衝動買い。

とは言えですね、自分の楽器を買う時に
今も尚、一番大事にしているのはこの

「直感」

なんです。ギターが僕を呼んでいる声が聞こえるんです。(笑)
多分自分が本気で欲しいと感じてるだけなんでしょうけどね。

最初のギターをどう選んで良いのか分からない時は
自分の直感で選んで良い、と大真面目に思ってます。
これが不思議と愛着がわくんですね。(^-^)

勿論、既に欲しいギターが心にある方は別ですよ。d(^-^)

本当はですね・・・

購入時に外したくないポイントってあるんです。
でも、残念ながら言葉で説明しきれないんですよ。

出来るコトなら購入時にご一緒して
コンシェルジュしたい所なんですが、
それも現実的ではありません。T^T

なので購入する際は以下の3点を
リスクヘッジ代りにご留意下さい。


1 直感で好きなのを選ぶ(可能であれば3本程度)


2 その全てに実際に触れて比べてみる

弾けなくたって、わかんなくたっていいんです。
持って実際の感触を確かめて下さい。
そして自分が弾いている姿を想像して、
一番しっくりくるのがビンゴです。

初めては緊張しますが、マイ楽器候補なんです!
買うんです!遠慮なんていらないですよー!(^-^)


3 調整をお願いして一旦帰る

自分の一本を決めたら、持って帰る道々ですら
いい子いい子したいトコでしょうが、我慢します。

「後日取りに来るので調整お願いします」

と楽器屋の店員さんに伝えましょう。
餅は餅屋、彼等は手慣れたモノですよ。
その場ですぐにやってくれる場合もありますし。


ギターの型番を調べてネット等で安く買うのも手ですが、
自分用のギターでは僕はこれは絶対にやりません。
実物に触ってみないと博打になるからです。

運が良ければいいですが、外れるコトもあります。
ちなみに僕、博才は驚く程ありません。とほほ、、、

楽器屋、質屋、ネット、媒体は違えど、
在庫されている楽器達は、残念ながら
ベストの状態でないことが殆どです。

調整の手間を考えたら仕方がないんですよ。
売れるかどうかわからない大量の楽器の在庫群を
メンテし続けるのは途方もない労働なんです。

逆に、買って貰えるギターなら
ちゃんと調整しなくちゃいけない
って話になりますよね。

さて、ネット購入だと調整は誰がやるのでしょう?

自分でやるには、有る程度以上は
ギターの構造や仕組みを知る必要があります。

それが無い状態で色々イヂり倒すと
どこぞのアホアホ少年みたく、
ギターがスクラップに最悪なります。

んんん?・・・・・・もしや!?

ええ、壊しましたよ、壊しましたとも。
初めてのギターなのに、、、泣ける、、、

くれぐれもこの不幸は繰り返さないで下さいね。(笑)

まぁ、壊したお陰で色々学びはしましたけど、
世界征服の野望は一旦お休みとなりました。

楽器屋の店員さんと顔見知りになっておけば、
後々知恵を貸してくれたりもします。
ここ、実は結構大事なポイントなんです。(^-^)


あ、値段のコト書いてませんでしたね。

ご自身のお財布と相談の上、
高すぎず安すぎずの妥当な額を予め決めて、
それに収まる選択肢で良いと思いますよ。

あくまで個人的な印象ですが、
新品なら5〜8万でかなりの良品が出回ってます。
10万越えは中級者以上、3万以下はジャンク品、
敢えて数字で言うならそんな感じだと思ってます。

でも楽器は値段じゃありません。調整と愛情です!
ジャンク品を引くと調整がえらい大変ですけどね。^_^;
「またそこが可愛い」という変わり者もいますけど。

ちなみに僕の運命のアコギは、
マーティンD-21 150周年アニバーサリーモデルです。
こいつのお陰でエンゲル係数が大いに下がりました。(笑)

まとめますと、

︎ 予算を決める
︎ 予算内で3本くらい好みを選ぶ
︎ とことん吟味して1本を選び抜く
︎ 調整をお願いする

長くなって恐縮です。
ここだけで良い気もします。^_^;
お付き合い有難うございました。

あくまで参考程度とご理解下さいね。
最高の一本に出会えるコトを祈ってますよ!!
(^-^)

 

(2014年10月4日(土) 7:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ストレートで力強い歌が信条!様々ジャンルに対応できる”コツ”を多数伝授

ブログ記事 ページ先頭へ