全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 オサムのギター弾き語り教室 スクールブログ 練習はきりよく...

練習はきりよくやめる?やめない?

僕の左手は、前にも書いたとおり、中指が不自由です。

握力は、20キロ前後しかありません。

初心者の人で、バレーコードが押さえられないのは、

握力が足りないせいだと思い込み、

握力を鍛える人がいますが、あれは間違いです。

そういう人は、力の入れすぎです。

力は入れるものではなく、出すものです。

(この、力の出し入れについては、また今度書きます)


スポーツの練習でよく、疲れ果てたころに

時々うまくできることがありますが、

その理由のひとつに、「力がうまく抜けたからできた。」

ということが考えられます。

あまりの疲労で、

無駄な力を入れようと思っても、入らなかった。

だから自然にできた。

これは、ギターにも当てはまることです。

練習は、体と気持ちのシンクロができたときに、

きりよくやめる。

そんな切り替えが大切ですが、

限界まで自分を追い込んでみることも、

時には大きな成果を生むことがあります。


でも、いつもそんなことやってたら体がもちませんよ。

 

(2014年8月10日(日) 9:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

六本木のパブで鍛えた技を全て伝授!業界の裏話や、魅せる方法も

ブログ記事 ページ先頭へ