全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り東京 ギタースクール・ノア スクールブログ ライブ時の飲酒

ライブ時の飲酒

ミュージシャンそれぞれですがプロでもライブ前やライブ中にお酒を飲まれる方がいます。
さすがにコンサート・ホールでは無理ですがライブハウスでは飲酒に関してはフランクな店が多いのも事実です。
何故かというとライブハウスも商売なのでお酒を飲んでもらわないと売り上げにならないどころか光熱費ぶん赤字になってしまいます。
だからミュージシャンが率先してお酒を飲んだりお客様に勧めたりするのです。
しかし中にはお酒が飲めない人もいるので、そういう方はソフトドリンクやフードを注文して売り上げに協力されています。
ミュージシャンはライブハウスとは運命共同体なのです。
ライブハウスがなくなればミュージシャンも発表の場がなくなります。
ストリートという選択肢もありますが基本的に演奏が禁止されてる場所も多く天候にも左右され悪質な人間にも絡まれやすくなります。
ギターを叩き壊されたり怪我をさせられたら話しになりません。
ライブハウスだとよほど怪しい店でなければ天候にも悪質な人間にも左右されません。

ユーチューブという選択肢もありますが多分、物足りなさを感じると思います。
やはり生のお客様の反応を感じたいわけですから・・・・・。

みなさんライブハウスとそこの売り上げを大切に思ってくださいね~。
あ・・・・・飲酒しても飲みすぎで演奏も出来なくなったら話になりませんので自己責任内でコントロールしましょう。

 

(2013年4月16日(火) 21:12)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

高校からヤマハ所属ミュージシャンとして活躍。プロデュース歴も豊富な先生

ギタースクール・ノア
山川義幸 (ギター弾き語り)

渋谷・新宿・高田馬場・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪

ブログ記事 ページ先頭へ