全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り大阪 ほっちきす松本の「ギターで遊ぼっ!!」 スクールブログ エンターテイナ...

エンターテイナーとしてのスキルアップを図る…

楽器弾きには命とも言える指を現在ケガしている…

幸い左手なので、ギターは弾けるが、人差し指の爪が半分吹き飛んでいる決して痛くなくない状況…

ども、昨日から正式に講師となりましたワタクシほっちきす松本であります。

以後おみしりおきを…

皆様、如何お過ごしでしょうか?

さて、講師となり、第一回目のブログはワタクシのスタイルと、表現方法について少々ではありますが、これからはじめたいとお考えの皆様に紹介していきたいと考えておる次第であります。

まず、ワタクシの音楽スタイルは、基本的にアコースティックギターの弾き語りであります。ジャンルはオリジナル中心のブルース、JAZZ、ロック+POPSの融合という自称ニューミュージック。(最近はアーティストさんのバックで、エレキギターやピアノでのサポートもしておりますが)

アコースティックギターは一本でパーカッション・ベース・メロディラインを奏で、また非常に気軽に持ち運べるし、音自体の持ってる性質も個性的な音色である。どこでも誰でも楽しむことができるという優れれものだとワタクシは思っております。

が故に、色んなことができるようになって、ボーカルや鍵盤などのメロディ楽器と合わせた時に音がぶつかりすぎるという欠点も否めない…

事実ワタクシもそのようなことは何回もあり、苦戦しました。


次に歌い手であり、弾き手でもあるワタクシほっちきす松本が、アコースティックギターでの弾き語りのステージで、少しかっこよく魅せれるアレンジのポイントをご紹介したいと思う。

1.E7(9)などのテンションコードでコード変換時のスキマを埋める。
2.アコギ特有のロートーンを強調する。
3.テンションコード+指先全体でのチョーキング
4.テンションコード+カッティングでノリノリ

言葉だけでは伝わりにくい部分があると思うが、1はちょっぴりJAZZテイストな感じの雰囲気を出せるし、2.3はちょっとブルージーなイメージ。4はアップテンポなロックテイストでやると、そりゃもう、モテモテ(笑)

以上に挙げたように、他の楽器はもちろん、アコースティックギターでも表現できる幅というのはとてつもなく広いものなのです。

しかし、上に挙げたようなことが出来たから一人前というわけではなく、基礎を怠ればそれだけ上達は遅くなるとワタクシは考えます。

音楽はエンターテイメントであるので、演奏側がどれだけ感動と笑いを与えることができるか?ということかかってくるのではないでしょうか?

ワタクシの授業では、表現力の幅の構築という観点から音を捉え、エンターテイナーとしてスキルアップを図れるような内容にしていきたいと、そのように考えております。

最後まで読んで頂き、ありがとぉ~


ほっちきす(^-^)/

 

(2011年6月7日(火) 22:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サポートしたアーティストは数知れず!音響・理論もレッスンOK

ブログ記事 ページ先頭へ