全国5万人が受講している「サイタ」

ギター弾き語り教室・レッスン

ギター弾き語り教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室弾き語り教室ギター弾き語り千葉 きくりんの弾き語りスクール スクールブログ ギターの次にそ...

ギターの次にそろえるものは?

お久しぶりです♪

いまだ余震が続いておりますが、気温も上がり
暖かくなってきて、春が目の前に見えてきましたね♪
家の近くでは桜も咲いています♪


さて、前回の続きでございます。

前回ではギターの選び方までお話しました。
次は ギター以外に必要なものをご説明します。

ギターは本体だけでは音を鳴らすことはできません。
ギターと共に活躍するのは

そう 弦  です。

弦がなくては音が出せませんので
言い換えれば 弦で音が変わるといっても過言ではありません。

ですが 楽器屋さんにはギターの弦だけで
ものすごい種類がそろえてあります。
なので 困ってしまうのも無理はありません。

弦やそのほかの物も種類が分かれています。
エレキギター用 エレアコ用 アコースティック用
ベース用 と大きく分けて4種類です。

ギターはエレアコをお勧めしていますので
ここでもエレアコ用の弦を見てみましょう♪

その中でも色々種類があります。
棚に並べられているのは基本的に6本セットになっています。
ギターは弦が6本それぞれ違う太さの弦が必要ですので
その6本がセットで売られています。

見てみると 値段も色々ですが
なんか 数字も色々書いてあります。

この数字は弦の太さです。
一番細い弦1弦と一番太い弦6弦の数字が
「11~52」などというように書かれています。
ここでは、一般的に一番細い弦1弦が
10か11になっている物を選びましょう♪
値段も5~600円くらいのもので大丈夫です。
これを1セット買っておきましょう。
そして 細い弦は切れやすいので
買ったものと同じ太さの1弦と2弦をバラで買っておきましょう。
このバラは弦の売ってる棚の下のほうに引き出し形式で
はいっていることが多いです。
わからなければ店員さんにセットの弦を見せて
この弦と同じバラをくださいといえば
間違いなく出してくれます。
これで、800円くらいで弦1セットと
予備の弦が手に入りました♪

弦の寿命は約1ヶ月くらいとされています。
もちろん弾けば弾くほど劣化しますので
寿命は早まります。
楽器屋さんが遠くてめったに行かないということであれば
いっぱい買っておくのもいいと思います♪

しかし、弦はスチール ブロンズがほとんどです。
なので湿気に弱いです・・・
保管するときは湿気はなるべく避けましょう。

どうでしょう? 弦だけでも一杯ありすぎて
わかりにくいかもしれませんが
ギターに慣れている人は 自分の使いやすい弦を
色々試して見つけていますので、
みんな大変な思いをしてきているんですよ♪

もし、今回選んだ弦が使いにくいということであれば
なるべく早く買い換えることをお勧めします。
弾きにくい状態でやっていると変な癖がついてしまうこともありますので。

説明はわかりやすかったでしょうか?

次回はその次の段階へ進みましょう♪
お楽しみに♪

 

(2011年4月6日(水) 20:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

CDデビューも果たしたボーカリスト。歌、演奏、作曲まで幅広くアドバイス

ブログ記事 ページ先頭へ