語学の習い事ドイツ語教室レッスンノート 動詞の前つづりについて

動詞の前つづりについて

ドイツ語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

こんにちは!先日はお疲れさまでした。
日本人に多い踵の履き潰しがテーマの段落を読んでみました。
今回の文章に出てきた動詞を、いくつか書き出してみます。ablegen、aufbinden、zubinden、entledigen、entfliehen、verzichten、zerdrücken、zerdellen、eindellen、aussehen‥これらの動詞に共通していることは、語の先頭に前つづりが付いていることです。前つづりには各々、意味があり、全体の意味を推測する手掛かりともなります。
・ab- ①ある位置からの離脱 ②除去 など
・auf- ①開口 ②上への方向 など
・zu- ①閉鎖 ②目的物に向かう方向 など
・ent- ①逸脱 ②除去、奪取 など
・ver- ①失敗 ②阻止 など
・zer- 分解、分離、破壊
・ein- ①破壊 ②中への方向 など
・aus- ①外への方向 ②除外 など
ここでは、ごく一部しか御紹介できませんでしたが、各々の前つづりにまだ沢山の意味が込められています。またこれ以外にも多くの前つづりがあります。次回、参考資料を持って参ります。この機会に是非、前つづりの種類や意味を御確認下さい。動詞の成り立ちが、よりイメージしやすくなると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

クラシック音楽舞台スタッフを経て、ドレスデンに留学。五感で親しむドイツ語

ホップ・ステップ・ドイツ語レッスン
小森智子 (ドイツ語)

吉祥寺・国分寺・武蔵境・東小金井・仙川

レッスンノート ページ先頭へ

ドイツ語情報

サイタのドイツ語講師がブログを通して、ドイツ語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドイツ語の先生

@GermanyCyta