サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ 初中級ドイツ憲...

初中級ドイツ憲法②

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。

鉄は熱いうちに打て
(Man muss das Eisen schmieden, solange es heiß ist)
ということで基本法第1条第1項の続きです。

Sie zu achten und zu schützen ist Verpflichtung aller staatlichen Gewalt.

「人間の尊厳を尊重し保護することは全ての国家権力の責務である」という意味ですが、まず全体の構造を見てみましょう。
定動詞istの前までがzu不定詞句「〜であること」というひとつの大きなまとまりと捉える事ができます。
Sein動詞(この場合、定動詞ist)が、その前のzu不定詞句を主格として、前後がistを挟んでA=Bの関係になります。

全体の構造がわかったところで、細部を。
文頭のSie
前述のDie Würde des Menschen(人間の尊厳という女性名詞)を人称代名詞のsieで受けた形です。
aller staatlichen Gewalt
allerは定冠詞類の女性2格、形容詞staatlichには、女性2格の弱変化語尾であるenがついています。
形容詞の語尾変化は、係る名詞の性や、格に加えて(不・定)冠詞の有無が重要なポイントになりますが、定冠詞(類!)や不定冠詞(類!)を含めて弱、混合、強変化の判断することをお忘れなく

ちなみに、ここでドイツ語の教材として取り上げる基本法は、基本法の中でも重要な部分なのですが、初中級レベルの気がします。
初中級レベルで憲法が読めるなんて学習のモチベーションUP間違いなさそうですね(笑)。

じゃぁ上級って・・・?

やはり仮定法はその座に君臨する1つかと思うのですが、法律の文章に出てくるはずありませんね。。
もしそうだったら、

「人間の尊厳が不可侵であればいいのに。その尊厳を尊重し保護することが全ての国家権力の責務であったらいいのに。」

努力目標になっとる(笑)

シリーズ最後は(3回シリーズがパターン化か)第3条について見ていきたいと思います。

 

(2019年8月15日(木) 4:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

さて、ドイツ基本法を読み解くシリーズ最終回️。 1948年から49年にかけて開かれた、Herrenchimseeでの憲法会議とBonnの議会評議会の当時の録音記録を聞いていると、のちに西ドイツで中核的な役割を果たす政治家や法曹界の専門家たちの迫真に迫る熱い議論が繰り広げられていることが...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 鉄は熱いうちに打て (Man muss das Eisen schmieden, solange es heiß ist) ということで基本法第1条第1項の続きです。 Sie zu achten und zu schützen ist ...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 暑いですね。 日本では74回目の終戦の月を迎えています。 ドイツでは今年、『70/30』と謳いドイツ基本法(ドイツ憲法)制定から70年、ベルリンの壁崩壊から30年の記念を祝ってメディアでも様々な特集が組まれています。 せっかくなのでこの機...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 以前にお知らせしておりました、春からの体験レッスン再開の件ですが、また新規の生徒さんを受け付けます。 赴任前のビジネスドイツ語(南ドイツ、オーストリア方面、NRW、Pfalz地方の方言にも対応します)、検定試験対策、ニッチなドイツ語への関心からピ...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 年度末ですね。 長くドイツにいて年度という感覚が薄れていましたが、年度末や年度始めといえば日本では進級、卒業、入学、社会人は春の人事と、なにかと気ぜわしく落ち着かない季節です。 このソワソワ感とともに、この春、私もドイツ語圏に旅立つ生徒さんたち...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ