サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ 呼称③  –超...

呼称③  –超えた一線は引き返せない–

こんにちは、
コーチの内藤です。

さて、シリーズ(化したのか?)第3弾。

前回、前々回と呼称にみる心の機微について書いてきました。
『Sieあなた』から『Duきみ』への呼称の変化がもたらす様々な当事者の心模様を見てきましたが、今回は
『Duきみ』から『Sieあなた』の関係へ移行する唯一の場合をご紹介しましょう。

そんなことってあるのかしらん?

『Duきみ』から『Sieあなた』への移行ということは、これまでの人間関係よりも距離を置くということです。そんな人間関係の裏には一体どんな事情が絡んでいるのでしょうか。

破門?
縁切り?
離婚?

実は、この穏やかならぬ人間関係を連想させる事態の現場は、学校です。

上下関係のはっきりしている師弟関係において呼称は『Sieあなた』でしたね。
しかし『Duきみ』で出来ている子どもの世界、幼稚園や小学校の先生は『Duきみ』で子ども達に話しかけます。
ところが、15、16歳になると先生の方から『Sieあなた』へのオファーが来るのです。
大人になりつつある子どもたちに、今後は一人前の人間としてリスペクトした態度で臨みますという先生たちの意思表示です。
こうして子どもたちは先生たちとの大人の距離感を保証されるのです。

深イイ話じゃないですか️。。

これは、各々が存分に個として確立していくことを促し、個人の精神の不可侵領域を保証する距離感なのですね。
こんな風に大人への仲間入りをさせてもらえるって、振袖や飲酒解禁よりも嬉しいかも

もっとも、近年は高校(ギムナジウム)以外の学校では、親しみやすさのメリットから『Duきみ』が教師と生徒の間で使われるという傾向もあるようです。
しかし大人になって様々な人間関係を紡いで、色々な経験を積み重ねてみると、若いころは他人行儀と思っていた 『Sieあなた』の距離感が、どこかしみじみと心地よく感じられることがあるものです。。。

地味ですが、歳を取って良かったなと思うことの一つですね(笑)。

以上、3回に渡って呼称にみる心の動きについてお話ししました。

 

(2018年7月9日(月) 2:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

こんにちは コーチの内藤です。 ブログを夏休み明けに更新しようと思っていたら、夏休み明けどころか年明けが近いという。。 しかし学びの秋ですね! 沢山の体験レッスンをお申し込みいただきましてありがとうございました。 日程調整でなかなかご希望に応えられないことが出てきておりますこ...

こんにちは、 コーチの内藤です。 さて、シリーズ(化したのか?)第3弾。 前回、前々回と呼称にみる心の機微について書いてきました。 『Sieあなた』から『Duきみ』への呼称の変化がもたらす様々な当事者の心模様を見てきましたが、今回は 『Duきみ』から『Sieあなた』の関係へ移...

こんにちは、コーチの内藤です。 前回に引き続き、今回も呼称に垣間見る人情の機微に関してです。 今回は『Sieあなた』の関係であることのメリットについて。 これも体験談なのですが、独立した後の話です。 ある時、長年のビジネスパートナーから人を紹介されました。 私とその人は、紹介...

こんにちは、コーチの内藤です。 今回は、呼称に見る人情の機微について書こうと思います。 文法の話ではありませんよ(゜゜)! ドイツ語会話においても、相手の呼び方は状況や相手との関係を考慮しながら変化します。でも尊敬語や丁寧語、謙譲語がないだけ、ずっとずっと簡単です。 敬称Sie...

こんにちは、コーチの内藤です。 皆さんの、外国語を学ぶ楽しみって何でしょうか? 私の場合、外国語を学習する楽しさの一つに、その言語での言い回し、諺や格言などを調べてその背景を探ったり、日本語のそれと対比したりするというのがありました。 地味ですねー。 その魅力はやはり、短...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ