サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ 呼称① -超え...

呼称① -超えた一線は引き返せない-

こんにちは、コーチの内藤です。

今回は、呼称に見る人情の機微について書こうと思います。
文法の話ではありませんよ(゜゜)!

ドイツ語会話においても、相手の呼び方は状況や相手との関係を考慮しながら変化します。でも尊敬語や丁寧語、謙譲語がないだけ、ずっとずっと簡単です。
敬称Sieと親称Duという二つの呼称があることを頭に入れるだけです。

ざっくり言うと、
職場の上司や目上の人、学校の先生など、上下関係のはっきりしている間柄では、敬称とよばれるSie(あなた)を使って苗字で呼びあいます。自己紹介も「Schmidtです」、「Muellerです」となり、家族や友人などの親しい間柄では、親称と呼ばれるDu(君)を使ってファーストネームで呼びあいます。自己紹介は「Wolfgangだよ」、「Annaよ」となります。
自己紹介がファーストネームだったか否かが、その後の会話が『Sieあなた』形式なのか『Duきみ』形式なのかを決定していますね。

しかし恋人同士は別れるものですし、親子でさえ、赤ちゃんだった時の接し方と、その子が成長した時との接し方は変化します。
このように人間関係は変化する故、呼称も流動的になります。
ここに人間社会の中で生きる哀しいかな人の、人情の機微といいますか、心の動きが現れるのですねー。

さて、呼称が変化する時、そこにはある儀式が用意されています。
例えるなら戴冠式、成人式、お葬式のような儀式と思ってください。
最終的かつ不可逆的なものです(どこかで聞きましたね笑)。
いきますよ、覚悟はいいですか?

『Sieあなた』で始まった関係の場合、その後に二人の関係の親密さが増すと、年上かもしくは立場の上の人の方から『Duきみ』へのオファーがきます。

ナンノコッチャ?

わたしの体験をご紹介しましょう。
まだドイツの企業で勤めていた時の話です。
わりとアットホームな社風だったからか、上司以外とはみ『Duきみ』の関係が出来ていました。ただ一人とを除いては。
その女性とはどういうわけか『Sieあなた』のままです。相手の方が年上でしたから、私からは何も言えません。
ある日会社の懇親会があり、ホテルで食事を終えてアルコールも入った一向は、今度は船を貸し切ってのライン河下りへと宴の場を移しました。デッキに出て白ワインやシャンパンを飲みながら、夜遅くまでお互いの親睦を深めることになったのですが、そこでくだんの彼女とも職場とは違う空気の中で色々なことを話す機会に恵まれました。

翌週、彼女が職場でいきなり「Sabineよ」と手を差し出してきました。3年も毎日一緒に働いていれば、下の名前だって知っています。それをいきなり今日初めて会う人への自己紹介のように(笑)。
そう、これがまさにDuのオファーなのです。
キタ-(゜゜)---
すかさず差し出された手を取り
「喜んで、Shinoよ」
とこちらもファーストネームを名乗ります。
お酒が縮めた距離ですね。

しかしこれ、実はフレンドリーな関係になれて良かったねというだけの単純な話ではありません。
想像してみてください。
今までずっと苗字にさん付け、もしくは役職名で呼んでいた立場や年齢が上の相手を、ほぼ強制的にある時から突然(時期は相手都合で)呼び捨て、タメ口を利かなければならないのです。

壁、高っ"Д"!


Duのオファーを受ける側は、不撤退の決意で受けて立つ覚悟なしに、いい意味で存在する、相手への心の壁を打ち砕くことは容易ではないのです(大げさですねー)。

このように、オファーを受けたら大事なのは「超えた一線は引き返せない」ということです。Duになった瞬間に、私たちの関係は根底から変わったのです。もうSieには戻れません。このオファーを断るということはふつう、あり得ません。

ある古い映画のワンシーンに、ファミリーネームで呼び合っていた男女二人が、場面は変わって翌朝、ファーストネームで呼び合っているというのがありました。
どちらが何と言って『Duきみ』のオファーしたのかは分かりませんが、ベッドを共にしたことはわかるのですね。
ここでもやはり、一線超えてますね(笑)。

次回も呼称について書きたいと思います。

 

(2018年6月21日(木) 10:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

こんにちは コーチの内藤です。 ブログを夏休み明けに更新しようと思っていたら、夏休み明けどころか年明けが近いという。。 しかし学びの秋ですね! 沢山の体験レッスンをお申し込みいただきましてありがとうございました。 日程調整でなかなかご希望に応えられないことが出てきておりますこ...

こんにちは、 コーチの内藤です。 さて、シリーズ(化したのか?)第3弾。 前回、前々回と呼称にみる心の機微について書いてきました。 『Sieあなた』から『Duきみ』への呼称の変化がもたらす様々な当事者の心模様を見てきましたが、今回は 『Duきみ』から『Sieあなた』の関係へ移...

こんにちは、コーチの内藤です。 前回に引き続き、今回も呼称に垣間見る人情の機微に関してです。 今回は『Sieあなた』の関係であることのメリットについて。 これも体験談なのですが、独立した後の話です。 ある時、長年のビジネスパートナーから人を紹介されました。 私とその人は、紹介...

こんにちは、コーチの内藤です。 今回は、呼称に見る人情の機微について書こうと思います。 文法の話ではありませんよ(゜゜)! ドイツ語会話においても、相手の呼び方は状況や相手との関係を考慮しながら変化します。でも尊敬語や丁寧語、謙譲語がないだけ、ずっとずっと簡単です。 敬称Sie...

こんにちは、コーチの内藤です。 皆さんの、外国語を学ぶ楽しみって何でしょうか? 私の場合、外国語を学習する楽しさの一つに、その言語での言い回し、諺や格言などを調べてその背景を探ったり、日本語のそれと対比したりするというのがありました。 地味ですねー。 その魅力はやはり、短...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ