サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ イディオム

イディオム

こんにちは、コーチの内藤です。

皆さんの、外国語を学ぶ楽しみって何でしょうか
私の場合、外国語を学習する楽しさの一つに、その言語での言い回し、諺や格言などを調べてその背景を探ったり、日本語のそれと対比したりするというのがありました。

地味ですねー。

その魅力はやはり、短い慣用句の中に凝縮されたその国の文化や伝統を垣間見ることが出来ることです。
ゲーテを読むよりも取っつきやすく、また日常に根ざしたものが多く親しみやすいことも、楽しく地味に過ごせた要因かもしれません。
また、これが通訳に非常に役立つので実務的にも理にかなっていました。
通訳の時短テク(笑)です。

そこで今日は動物が出てくる二つの言い回しを見てみたいと思います。

- Krokodilstränen weinen (o. vergießen)

直訳すると、「ワニの涙を流す」ですが、「偽りの涙を流す」と言う意味です。
悲しみを装った嘘泣きです。
ワニは実際に、捕食中に涙を流すことがあるということからきた言い回しです。
自分が今食べている獲物の命に同情して泣いているわけではないので(言い切れるかとうかは別として)、これが偽りの涙の元になっています。
顎を大きく開けることによる刺激を受けての落涙であることがわかっています。

- Den Kopf in den Stand stecken.

直訳すると「頭を砂の中に突っ込む」ですが、「見て見ぬ振りをする」と言う意味です。
問題や危険を無視するということです。
この頭、実はダチョウの頭を指しています。
問題の先送りや危機的状況を直視しない政治や政治家の態度を表す
Vogel-Strauss Politik(ダチョウの政治、ダチョウの平和論)はその常套句になっています。
ちなみに、ダチョウは実際に危機が迫っても、またかくれんぼをしている時でさえ砂に頭を突っ込んで隠れたりしません

ワニの涙のように事実に基づいた言い回しもあれば、むかーしから言い伝えられていてそのまま科学的根拠はなくても流布しているものもあります。

ちなみに早口言葉も集めてました。
これは舌の運動と、一発芸にはなりますね(?)。
早口言葉は、Zungenbrecher(直訳: 舌折り、舌を折るもの)といいます。
まさに骨折りならぬ、舌折り損のくたびれ儲け。。

お後がよろしいようで

 

(2018年5月31日(木) 3:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 今年も残すところ2ヶ月切りましたね お蔭さまでまた体験レッスンのお申し込みを頂いております。 人間には、秋や春に学習意欲が増すという季節変動の習性があるのでしょうか(^^) 仕事や学校の年度始まりに新たなことに挑戦する春や、年度がひと段落し...

さて、ドイツ基本法を読み解くシリーズ最終回️。 1948年から49年にかけて開かれた、Herrenchimseeでの憲法会議とBonnの議会評議会の当時の録音記録を聞いていると、のちに西ドイツで中核的な役割を果たす政治家や法曹界の専門家たちの迫真に迫る熱い議論が繰り広げられていることが...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 鉄は熱いうちに打て (Man muss das Eisen schmieden, solange es heiß ist) ということで基本法第1条第1項の続きです。 Sie zu achten und zu schützen ist ...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 暑いですね。 日本では74回目の終戦の月を迎えています。 ドイツでは今年、『70/30』と謳いドイツ基本法(ドイツ憲法)制定から70年、ベルリンの壁崩壊から30年の記念を祝ってメディアでも様々な特集が組まれています。 せっかくなのでこの機...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 以前にお知らせしておりました、春からの体験レッスン再開の件ですが、また新規の生徒さんを受け付けます。 赴任前のビジネスドイツ語(南ドイツ、オーストリア方面、NRW、Pfalz地方の方言にも対応します)、検定試験対策、ニッチなドイツ語への関心からピ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ