サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ 場の包容力

場の包容力

懐かしい地域の話だったので

ベルリンはクロイツベルグ地区のGörlitzer Parkに、警察と麻薬ディーラーの仲介役を務める民間の守衛を置いているという話です。

http://www.dw.com/de/berlin-ein-parkwächter-und-die-dealer/av-43751564

この公園の中は広々としていて、スケードボードや自転車でダイナミックに遊べる空間から、ヤギやウサギ、ポニーなどに触れられる小さな動物園もあり、よく子供達を連れて遊びに行きました。
色々な人種の人たちが、それぞれのカルチャーを持ち寄って、それぞれに憩う姿にちょっと西ドイツ地域では感じ得なかったディープさを感じたものです。
難民、セクシャルマイノリティー、非キリスト教徒が集い、麻薬売人の取引場の代名詞でもあるGörlitzer Park。
先進国からの観光客、留学生や大学生、子連れ家族が憩う西側の公園の多様性とはまた一味違うワイルド感。
Görlitzer Parkの魅力の一つは、この場の包括力とも言えます。

ここでは、
「ママ、これなんの匂い?」
「マリファナだよ(言うのか) 」
なんて会話が昼間っから幼児と成立します 。

ベルリンでは、何グラムまで合法的にマリファナを所持できると言っていたか聞き取れましたか?

以前、公園の守衛になるのに、生活保護を受けている人たちにこの役割を斡旋して収入の糧にするという案がありました。
これはフランクフルトを例にとった新聞記事でしたが、受給者のうち就業可能と位置付けられている人が約38%、そのうち実際には子育てや病気などで就業できない人が実に90%に昇り、残りの4%弱の中でさらにドイツ語が話せる事や、コミュニケーション能力を考慮すると実際にはこの仕事に従事できる人が全体の2%ちょっとしかいないと言う話。
とかく世間は物事を単純に考えるが、そう簡単な話ではない、という話でした。

ここに出てくる守衛のCengiz Demirci氏もそんな背景のうちの一人でしたか?

何はともあれ、匂いとともに(笑)思い出される場所の一つです。

 

(2018年5月22日(火) 10:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

さて、ドイツ基本法を読み解くシリーズ最終回️。 1948年から49年にかけて開かれた、Herrenchimseeでの憲法会議とBonnの議会評議会の当時の録音記録を聞いていると、のちに西ドイツで中核的な役割を果たす政治家や法曹界の専門家たちの迫真に迫る熱い議論が繰り広げられていることが...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 鉄は熱いうちに打て (Man muss das Eisen schmieden, solange es heiß ist) ということで基本法第1条第1項の続きです。 Sie zu achten und zu schützen ist ...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 暑いですね。 日本では74回目の終戦の月を迎えています。 ドイツでは今年、『70/30』と謳いドイツ基本法(ドイツ憲法)制定から70年、ベルリンの壁崩壊から30年の記念を祝ってメディアでも様々な特集が組まれています。 せっかくなのでこの機...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 以前にお知らせしておりました、春からの体験レッスン再開の件ですが、また新規の生徒さんを受け付けます。 赴任前のビジネスドイツ語(南ドイツ、オーストリア方面、NRW、Pfalz地方の方言にも対応します)、検定試験対策、ニッチなドイツ語への関心からピ...

こんにちは、ドイツ語コーチの内藤です。 年度末ですね。 長くドイツにいて年度という感覚が薄れていましたが、年度末や年度始めといえば日本では進級、卒業、入学、社会人は春の人事と、なにかと気ぜわしく落ち着かない季節です。 このソワソワ感とともに、この春、私もドイツ語圏に旅立つ生徒さんたち...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ