サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ Carpe d...

Carpe diem

こんにちは、
コーチの内藤です。

前回は、ドイツ語習得に費やす時間について書きました。
今回は、前回ご紹介できなかった、実際のレッスンの内容や進め方などについてお話しようと思います。

レッスンではまず、自己紹介も兼ねて簡単に私のドイツ語やドイツとの関わりについてお話しします。
それから生徒さんにドイツ語レッスンで学びたい内容や、目標などがあればそれを伺います。

希望があれば、最初の3回までのレッスンで生徒さん一人一人にあったロードマップのようなものを作ります。
期間が決められているので、それも安心かなと思います。
月ごと、週ごとに落とし込んでいきますが、だいたい6ヶ月1クールを目安としています。
進捗によって微調整はしますが、このロードマップをもとに、あなたの船が、私という水先案内人とともに進んでいくというイメージでしょうか

すでに基礎があり、日常会話だけ少しブラッシュアップしたい、もしくは専門性の高い、ある特定の文書を理解できればいいなどの場合は、もちろんその限りではないので、ご希望のある場合で作ろうと思います。
ロードマップなしというのも、ありです。
・・というのも、生徒さんの関心によってはそれに縛られずに航海した方がいい場合もあるからです。
その場合、ロードマップは私の中だけにあります(笑)。

レベルによってはレッスンが全てドイツ語になることもあると思いますが、読みたいテキストなどがある方もどんどん持ってきて下さい
マンツーマンで効果のある聞き取りと会話はかなり重要だと思っているので、その辺はレッスンでも重点を置いています。

もちろん初心者の方も大歓迎です。
私はドイツ語劣等生で、一番最後に理解する人でした。
私の後ろには誰もいないわけですから、私に理解できれば全員理解できているという変な自負があったくらいです(最後尾にいながら微妙な上から目線・・) 。。

なんでもドイツ語教室のモットーは、

Carpe diem

というわけで
ドイツ語言語について、レッスン内容に至るまで4回にわたって書いてきました。

次回からは、折に触れて私が日常で遭遇しているドイツ語について徒然に書いていこうと思います。

 

(2018年5月3日(木) 5:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

今日は、コーチの内藤です。 今回は、呼称に見る人情の機微について書こうと思います。 文法の話ではありませんよ(゜゜)! ドイツ語会話においても、相手の呼び方は状況や相手との関係を考慮しながら変化します。でも尊敬語や丁寧語、謙譲語がないだけ、ずっとずっと簡単です。 敬称Sieと親...

こんにちは、コーチの内藤です。 皆さんの、外国語を学ぶ楽しみって何でしょうか? 私の場合、外国語を学習する楽しさの一つに、その言語での言い回し、諺や格言などを調べてその背景を探ったり、日本語のそれと対比したりするというのがありました。 地味ですねー。 その魅力はやはり、短...

懐かしい地域の話だったので ベルリンはクロイツベルグ地区のGörlitzer Parkに、警察と麻薬ディーラーの仲介役を務める民間の守衛を置いているという話です。 http://www.dw.com/de/berlin-ein-parkwächter-und-die-dealer...

日本やドイツで検定試験の学習していた頃からうすうす感じていたこのもやっとした感じ。。 最近、再び様々なドイツ語検定試験の各レベルの内容に目を通しているのですが、 再びこのもやもや感が私を襲ってきています(笑)。 まずこのドイツ語の検定試験ですが、日本のドイツ語学習者の場合、 ...

こんにちは、 コーチの内藤です。 前回は、ドイツ語習得に費やす時間について書きました。 今回は、前回ご紹介できなかった、実際のレッスンの内容や進め方などについてお話しようと思います。 レッスンではまず、自己紹介も兼ねて簡単に私のドイツ語やドイツとの関わりについてお話しします。 ...

ブログ記事 ページ先頭へ