サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ 学習時間につい...

学習時間について

こんにちは、
コーチの内藤です。

前回は、ドイツ語がどんな言語で、実用性とその背景、また趣味的なアプローチも外国語習得には大切というお話しをしました。
さて今回は、実際のレッスンでの具体的な内容や進め方、ドイツ語習得にかかる時間に関してお話ししようと思います。

ドイツ語は一体、どのくらいの期間でどの程度上達するのか。

英語の習得に約3,000時間と言われています。義務教育時代に1,000時間履修している前提で、大学、社会人時代を通じて残り2,000時間。
ドイツ語を英語の派生として捉えるのか、すでに習得している他の言語との関連性のない中でドイツ語を学習するのかによっても異なるとは思いますが、単純に25%増しにして4,000時間。
365日、毎日2時間学習して5年ちょっと
1日4時間とれれば3年弱・・。。

これを多いと見るか適当とみるか、少ないと見るかはそれぞれだと思いますが、個人的な感覚で、
プライベートはもちろん、ビジネス、専門的な分野でも苦労しないくらいまでが経験的にそのくらいかなと思います。

外国語の学習に近道ってないんですね

結論から言うと、上達への近道はない(と思っている)ので教えられませんが、この習得に費やす膨大な時間が苦にならない方法やアドヴァイスならできるかもしれません。
大の大人が貴重な時間を割いて学習するのにこれは欠かせない要素ですから。

上達がある程度(まで)早いのは、
 • 生活環境が外国語になる現地で学習する場合。
 • 留学、海外赴任、資格取得など差し迫った課題がある場合。

そうでない場合でも、
 • 習慣にしてしまう。
 • 自分で達成したい非常に具体的な目標を持つ
(この映画のこのシーンのこのセリフ、レシピ一個ぶん、特定の関心のあるテーマについて数人でディスカッションしている内容を把握でき、自分の意見が述べられる等、)

4,000時間はそれぞれの目標によって、それよりぐっと少なかったり、またそれよりも多くなることだってあります。
共通点は、多かれ少なかれ貴重な時間を費やすということです。

ドイツ語は学習したい、でも暇じゃないのよ
と言う人も、是非どうぞ

今回のブログで紹介予定だった、どんなレッスンを行うかは、長くなったので次回ご紹介したいと思います〜。

 

(2018年5月1日(火) 14:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

こんにちは コーチの内藤です。 ブログを夏休み明けに更新しようと思っていたら、夏休み明けどころか年明けが近いという。。 しかし学びの秋ですね! 沢山の体験レッスンをお申し込みいただきましてありがとうございました。 日程調整でなかなかご希望に応えられないことが出てきておりますこ...

こんにちは、 コーチの内藤です。 さて、シリーズ(化したのか?)第3弾。 前回、前々回と呼称にみる心の機微について書いてきました。 『Sieあなた』から『Duきみ』への呼称の変化がもたらす様々な当事者の心模様を見てきましたが、今回は 『Duきみ』から『Sieあなた』の関係へ移...

こんにちは、コーチの内藤です。 前回に引き続き、今回も呼称に垣間見る人情の機微に関してです。 今回は『Sieあなた』の関係であることのメリットについて。 これも体験談なのですが、独立した後の話です。 ある時、長年のビジネスパートナーから人を紹介されました。 私とその人は、紹介...

こんにちは、コーチの内藤です。 今回は、呼称に見る人情の機微について書こうと思います。 文法の話ではありませんよ(゜゜)! ドイツ語会話においても、相手の呼び方は状況や相手との関係を考慮しながら変化します。でも尊敬語や丁寧語、謙譲語がないだけ、ずっとずっと簡単です。 敬称Sie...

こんにちは、コーチの内藤です。 皆さんの、外国語を学ぶ楽しみって何でしょうか? 私の場合、外国語を学習する楽しさの一つに、その言語での言い回し、諺や格言などを調べてその背景を探ったり、日本語のそれと対比したりするというのがありました。 地味ですねー。 その魅力はやはり、短...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ