サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 なんでもドイツ語教室 スクールブログ ドイツ語って?

ドイツ語って?

はじめまして。
コーチの内藤です。

ドイツ語を習ってみたい方にとってドイツ語ってどんなイメージでしょうか。
他のヨーロッパ言語と比べて冗談のようによく言われるのが、

フランス語は愛を囁くために
イタリア語は歌を歌うために
ドイツ語は議論をするために !

というのがあります。
なんか格差・・感じますね(笑)。

ところがこのドイツ語、日本語との共通点や日本と意外と深い関係があるのです。
地球上のドイツ語話者人口は約1億3000万、これは地球上の日本語話者とほとんど変わらない数字です。
他にも日本語との共通点として、その話者のほとんどがそれそれの言語を母語使用もしくは第一言語としているという特徴があります。
また、ドイツ語は明治初期から盛んに政府主導で日本で教育に取り入れられてきた言語でもあり、現代日本語にも多くのドイツ語の影響が残されています。医学用語や工業、登山、クラシック音楽や思想分野でこの傾向が顕著です。

 例)
  カルテ
  カイザー
  ガーゼ
  リュックサック
  アイゼン
  タクト
  ゲバルト
  ブント

   等々・・ 


ドイツ語と日本語、語族体系は全く違いますが、歴史、文化的背景には多くの共通点があるのです。
すこし身近に感じていただけたでしょうか。

さてそんなドイツ語ですが、その醍醐味、またどんな時に役に立つかなどまた次回お伝えしようと思います

 

(2018年4月27日(金) 2:06)

次の記事

この記事を書いたコーチ

15年間現地で生活。ネイティブ並みの発音と豊富な話題で、ドイツを満喫!

新着記事

こんにちは コーチの内藤です。 ブログを夏休み明けに更新しようと思っていたら、夏休み明けどころか年明けが近いという。。 しかし学びの秋ですね! 沢山の体験レッスンをお申し込みいただきましてありがとうございました。 日程調整でなかなかご希望に応えられないことが出てきておりますこ...

こんにちは、 コーチの内藤です。 さて、シリーズ(化したのか?)第3弾。 前回、前々回と呼称にみる心の機微について書いてきました。 『Sieあなた』から『Duきみ』への呼称の変化がもたらす様々な当事者の心模様を見てきましたが、今回は 『Duきみ』から『Sieあなた』の関係へ移...

こんにちは、コーチの内藤です。 前回に引き続き、今回も呼称に垣間見る人情の機微に関してです。 今回は『Sieあなた』の関係であることのメリットについて。 これも体験談なのですが、独立した後の話です。 ある時、長年のビジネスパートナーから人を紹介されました。 私とその人は、紹介...

こんにちは、コーチの内藤です。 今回は、呼称に見る人情の機微について書こうと思います。 文法の話ではありませんよ(゜゜)! ドイツ語会話においても、相手の呼び方は状況や相手との関係を考慮しながら変化します。でも尊敬語や丁寧語、謙譲語がないだけ、ずっとずっと簡単です。 敬称Sie...

こんにちは、コーチの内藤です。 皆さんの、外国語を学ぶ楽しみって何でしょうか? 私の場合、外国語を学習する楽しさの一つに、その言語での言い回し、諺や格言などを調べてその背景を探ったり、日本語のそれと対比したりするというのがありました。 地味ですねー。 その魅力はやはり、短...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ