全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室福岡 現役大学生によるドイツ語教室 スクールブログ 人狼

人狼

こんにちは。平尾です。

私の大学のサークルではよくある部員の部屋に行って人狼ゲームという遊びをすることがあるのですが、ご存知でしょうか。

人狼ゲームとはざっくりいえば多数の村人の中から人に化けた狼を見つけるゲームなのですが、詳しいルールはネットサイトに譲るとします。このゲームは、確かにドイツでDie Werwölfer im Düsselwaltという名前で有名ですが、特にドイツ発祥というわけではないです。

しかし、この人狼という言葉はドイツ語由来であると考えられます。英語ではWerewolfですがこれはドイツ語のWerwolfから来ているのでしょう。

ではドイツ語のWerwolfとはどういう言葉なのでしょうか。日本語ではもちろん人狼という意味ですが、ようするに人の形をした獣ということですね。古代ゲルマンでは個人の安全が血族共同体のSippeが保証するものでしたが、あるSippeに属するある人が他のSippeに属する人に危害を加えた場合、危害者は裁判によって平和喪失(Friedenlosigkeit)の宣告を受けました。それはすなわち、危害者の属するSippeはもはやその危害者を保護しないと言うもので、見つけられ次第他者から殺されてもおかしくないと言うものでした。

平和喪失の宣言を受けたものはそれゆえ、人とはみなされず獣同然のものとしてWerwolfと言われたのです。人狼とは人としての資格を失った、平和喪失の宣告を受けた者を指していたのです。

 

(2016年10月15日(土) 23:30)

前の記事

この記事を書いたコーチ

短期間でドイツ語検定B2取得!日本にいながら上達できた秘訣を残さず伝授

現役大学生によるドイツ語教室
平尾遼海 (ドイツ語)

博多・姪浜・天神/西鉄福岡・薬院・祇園・中洲川端・天神・赤坂・大濠公園・唐人町・西新...

ブログ記事 ページ先頭へ