全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 ドイツ語スクール マンツーマン スクールブログ 〜机の上での勉...

〜机の上での勉強〜


最近思ってる事ですが、
私はドイツ語の勉強をあまりしていないなぁと。
ドイツ語を教えること、ドイツ語で会話をすることは日常で行っていますが、
"勉強"は以前よりしていないような気がします。
でもドイツ語の勉強って、どんなことが勉強なんでしょうか。

昔、よく考えていたことは

・毎日◯時間は勉強する時間を作ろう、
・読む、聞く、書く、話す(発音する)ことを毎日絶対やろう
・空いている時間は単語帳をずっと見てよう

など、このようなことを実行しようと日々努力していたと思います。

そんな勉強を繰り返して、いつのまにかある程度のことはドイツ語で話せるようになっていて、文章が書けるようになったり、検定試験に合格したり、目標を達成していきました。

現在は、夫と話しながら覚えていくという方法が主で、以前のように机に向かった勉強はあまりしていません。

でも、思うんです。
机に向かう勉強も絶対に必要なことだと。

もちろん、ドイツ語は人とのコミュニケーションを通して楽しく学べると思いますから、生徒さんにはその楽しさを知ってもらいたいと思っています。
でも、それだけでなく私は次のこともとても大切だと思います。

「自分の外側に向けて発信することだけでなく、自分の内側にドイツ語を染み込ませる作業を行うこと」です。

これは、やはりドイツ語と自分の問題なんですね。

それは一人で、辞書を片手に、本から、あるいはテキストから、ノートを用意して参考書を見ながら、ドイツ語の世界にどんどん入ることなんです。ドイツ語そのものの面白さが見つけ出せると思います。

ドイツ人のお友達を見つけて、会話の勉強をするのはとても素敵なことだと思います。

でも、机の上での勉強をして、心に染み込むドイツ語の世界に入ってみませんか?

きっと心の底から楽しめるドイツに出会えると思います!

私もまた机の勉強を始めたいと思います!

 

(2015年8月16日(日) 22:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

独オペラをきっかけに2度留学。全ての力をバランスよく、美しい言語を堪能

ドイツ語スクール マンツーマン
喜多村知生 (ドイツ語)

国分寺・所沢・田無・小平・東村山・小川・東大和市・玉川上水・鷹の台

ブログ記事 ページ先頭へ