サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン  28 [動詞の現在人称変化]

さて、今回はいよいよ動詞の現在人称変化について勉強してみましょう。


そこで、まず、簡単ドイツ語レッスンの26と27をもう一度見てみてください。





動詞の不定形は、「語幹」と「語尾」に分かれること。

そして、人称代名詞についてです。




この二点を理解していただいたうえで、下の表をご覧ください。

動詞は [lernen](学ぶ) を例にします。 



    1人称   ich  lerne / wir  lernen

    2人称   Sie  lernen


    3人称   er/es/sie  lernt    sie lernen







さて、どのように変化しているかおわかりでしょうか??

ちょっとわかりずらいでしょうか?



もう少し補足しますね。



まず、1人称。  単数形 [ich] は 語尾が[e]、 複数形 [wir] は 語尾が[en]
となります。



そして、2人称。 単数形 [Sie]は 語尾が[en] です。そのままですね。


最後の3人称は er(彼)/es(それ)/sie(彼女) は語尾が[t]になります。同じ変化をするので、私は、代表で [er]で覚えました。sie は複数形と混同してしまいますので・・・。ちなみにその複数形[sie]は 語尾[en]で、こちらも変化しません。



さて、ここで、2人称は他にも何かあったような・・・と思った方は素晴らしいですね。



そうです。ドイツ語には、親しい間柄にもちいられる [du]とその複数形の[ihr] がありました。日本語では「君」「君たち」と訳されます。


これらの人称変化は次の通りです。



  du lernst / ihr lernt



[du] は語尾が[st]、[ihr] は 語尾が[t] となります。



こちらは前にも書きましたが、旅行のためにドイツ語を少し勉強しようかな、とお考えの方は、ほとんど使わないかもしれません。


なので私は、大抵このように分けて説明しています。


ただし、留学やビジネス、また資格試験でドイツ語を勉強していらっしゃる方は、当然こちらも覚えてくださいね。




いかがですか?



簡単でしたか?



ただ、残念ながら例外もありまして、全部の動詞がこのように変化するわけではないのです・・・。




次回からそれらを少しずつ取り上げていきますね。




 

(2015年3月25日(水) 17:38)

前の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

新着記事

さて、今回はいよいよ動詞の現在人称変化について勉強してみましょう。 そこで、まず、簡単ドイツ語レッスンの26と27をもう一度見てみてください。 動詞の不定形は、「語幹」と「語尾」に分かれること。 そして、人称代名詞についてです。 この二点...

さて、前回のブログでも少し触れましたが、ドイツ語の2人称には、[Sie]のほかに親しい間柄だけで使われる人称代名詞があります。 [du]   君(きみ) [ihr]   君たち どんな時に使うのかといますと まずは、家族。 年...

さて、動詞を勉強する上で「人称代名詞」を勉強しなければいけません。 ドイツ語は主語に合わせて「人称変化」するからです。詳しくは前回の記事をご覧ください。 では、ドイツ語の人称変化です。      1人称  ich (私)   wir (私たち) ...

では動詞の続きです。 今日は、動詞の 「不定形」 という言葉を覚えてください。 これは、動詞の基本的な形のことを指します。 ・・・というのは、ドイツ語は 主語によって動詞の形が変化する のです。 日本語でも、例えば 「走る」 という動詞は ...

さて、まず始めに楽器の名前から行きましょう。 この楽器、ドイツ語で何というか知ってますか??  ピアノ  ヴァイオリン  トロンボーン  ティンパニ   正解は・・・  ピアノ → Klavier (クラヴィーア)  ヴァイオリン ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ