サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ Pause.....

Pause... [ du と ihr と Sie ]

さて、前回のブログでも少し触れましたが、ドイツ語の2人称には、[Sie]のほかに親しい間柄だけで使われる人称代名詞があります。



[du]   君(きみ)

[ihr]   君たち



どんな時に使うのかといますと


まずは、家族。


年齢は関係なく、お父さんもお母さんも娘も息子も親戚もお互い [du] ですね。


もちろん、親しい友人同士や 先生が生徒に対して[du]を使います。




なので、いわゆる旅行会話で[du]を使うことはほとんどないと思います。


[ihr]に関しては、ほぼないと思います。

親しい間柄になったドイツ人複数人に話しかけるときに使うものなので・・・。




ただ、留学や語学学校へ行く場合は、クラスメイトとは[du]で会話します。

なので、留学希望の方は、[du]の使い方をしっかり勉強してから行きましょう。



それ以外で、特に初対面の場合は、[Sie]を使います。

出会ったばかりであまり親しくなっていなくても、

相手に「お互い[du]で呼び合おう」と言われるときもあるので、こういう場合は[du]で会話できます。




現地の語学学校のある教師が、少し日本語を勉強していて、あるとき


「日本人は親しい人を「おまえ」って呼ぶんだよね?「おまえ」って呼んでいい?」


・・・と言われたことがありました。


間違ってはいないですが、さすがに「おまえ」は少し抵抗があったので、



「izumiでいいよ。」

と言いましたが、いちいち名前を言うのはおかしいと言っていました。




私たちはつい、主語を省略するのであんまり人称代名詞を使いませんよね・・・。



普段から正しい日本語を話すように心がけたいですね。









 

(2015年3月14日(土) 17:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

新着記事

さて、今回はいよいよ動詞の現在人称変化について勉強してみましょう。 そこで、まず、簡単ドイツ語レッスンの26と27をもう一度見てみてください。 動詞の不定形は、「語幹」と「語尾」に分かれること。 そして、人称代名詞についてです。 この二点...

さて、前回のブログでも少し触れましたが、ドイツ語の2人称には、[Sie]のほかに親しい間柄だけで使われる人称代名詞があります。 [du]   君(きみ) [ihr]   君たち どんな時に使うのかといますと まずは、家族。 年...

さて、動詞を勉強する上で「人称代名詞」を勉強しなければいけません。 ドイツ語は主語に合わせて「人称変化」するからです。詳しくは前回の記事をご覧ください。 では、ドイツ語の人称変化です。      1人称  ich (私)   wir (私たち) ...

では動詞の続きです。 今日は、動詞の 「不定形」 という言葉を覚えてください。 これは、動詞の基本的な形のことを指します。 ・・・というのは、ドイツ語は 主語によって動詞の形が変化する のです。 日本語でも、例えば 「走る」 という動詞は ...

さて、まず始めに楽器の名前から行きましょう。 この楽器、ドイツ語で何というか知ってますか??  ピアノ  ヴァイオリン  トロンボーン  ティンパニ   正解は・・・  ピアノ → Klavier (クラヴィーア)  ヴァイオリン ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ