サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 16 発音について 8 [語尾]


さて、発音については最後です。


他にもいろいろあるのですが、出てきたらその都度ご説明しますね。



今回は[語尾]についてです。


以前にも例えば・・・

"Berg" (ベル(ク))  「山」


・・・というように(ク) とか(ト) と書きました。


 ○ 語尾の、-b,-d,-g, は 「濁らない無声音」 


はっきり言わずに(アクセントをつけずに) 軽く -p,-t,-k, と発音する感じです。

書くときは難しいので、私は ( ) を使って表しています。



無声音で、ぴんと来ない方もいらっしゃるかとおもいますが、

「~です。」といった場合の「す」は無声音です。



アクセントをつけてはいけませんよ。



実は、これも留学中なのですが、ドイツ語を勉強始めたばかりの友人が
 
"Ich habe eine Frage." (質問があります。)

という文を

「イッヒ ハァーベェー アイネ フラァーゲェー 」

・・・となぜか語尾をのばしながら言ったところ、

相手は 「???」  というリアクションでした。



でもこういうことを繰り返して上手くなっていくものですよ。

ただ、特に若い方は語尾に注意した方がいいかもしれません。


・・・というのも最近は、(私も含めてですが・・・) つい、

「~でねぇー、~でさぁー・・・」

というように語尾を伸ばしがちですね。



こういう普段からのしゃべり方が、外国語を学んでいるときにもしっかり出てしまいます。



外国語を学ぶと同時に、普段、どんな風に日本語を話しているか、考えられるといいと思います。


 

(2015年2月20日(金) 10:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

新着記事

さて、今回はいよいよ動詞の現在人称変化について勉強してみましょう。 そこで、まず、簡単ドイツ語レッスンの26と27をもう一度見てみてください。 動詞の不定形は、「語幹」と「語尾」に分かれること。 そして、人称代名詞についてです。 この二点...

さて、前回のブログでも少し触れましたが、ドイツ語の2人称には、[Sie]のほかに親しい間柄だけで使われる人称代名詞があります。 [du]   君(きみ) [ihr]   君たち どんな時に使うのかといますと まずは、家族。 年...

さて、動詞を勉強する上で「人称代名詞」を勉強しなければいけません。 ドイツ語は主語に合わせて「人称変化」するからです。詳しくは前回の記事をご覧ください。 では、ドイツ語の人称変化です。      1人称  ich (私)   wir (私たち) ...

では動詞の続きです。 今日は、動詞の 「不定形」 という言葉を覚えてください。 これは、動詞の基本的な形のことを指します。 ・・・というのは、ドイツ語は 主語によって動詞の形が変化する のです。 日本語でも、例えば 「走る」 という動詞は ...

さて、まず始めに楽器の名前から行きましょう。 この楽器、ドイツ語で何というか知ってますか??  ピアノ  ヴァイオリン  トロンボーン  ティンパニ   正解は・・・  ピアノ → Klavier (クラヴィーア)  ヴァイオリン ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ