全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 16 発音について 8 [語尾]


さて、発音については最後です。


他にもいろいろあるのですが、出てきたらその都度ご説明しますね。



今回は[語尾]についてです。


以前にも例えば・・・

"Berg" (ベル(ク))  「山」


・・・というように(ク) とか(ト) と書きました。


 ○ 語尾の、-b,-d,-g, は 「濁らない無声音」 


はっきり言わずに(アクセントをつけずに) 軽く -p,-t,-k, と発音する感じです。

書くときは難しいので、私は ( ) を使って表しています。



無声音で、ぴんと来ない方もいらっしゃるかとおもいますが、

「~です。」といった場合の「す」は無声音です。



アクセントをつけてはいけませんよ。



実は、これも留学中なのですが、ドイツ語を勉強始めたばかりの友人が
 
"Ich habe eine Frage." (質問があります。)

という文を

「イッヒ ハァーベェー アイネ フラァーゲェー 」

・・・となぜか語尾をのばしながら言ったところ、

相手は 「???」  というリアクションでした。



でもこういうことを繰り返して上手くなっていくものですよ。

ただ、特に若い方は語尾に注意した方がいいかもしれません。


・・・というのも最近は、(私も含めてですが・・・) つい、

「~でねぇー、~でさぁー・・・」

というように語尾を伸ばしがちですね。



こういう普段からのしゃべり方が、外国語を学んでいるときにもしっかり出てしまいます。



外国語を学ぶと同時に、普段、どんな風に日本語を話しているか、考えられるといいと思います。


 

(2015年2月20日(金) 10:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

楽しくおしゃべりドイツ語レッスン
小木曽衣純 (ドイツ語)

千種・自由が丘・栄・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・東山公園・星ヶ丘・一社・ナゴヤ...

ブログ記事 ページ先頭へ