サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 12 発音について 4 [s の発音について]





前々回から子音について紹介していますが、今回も続きです。


"s" の発音についてです。

とっても簡単です。


 
○"s" +母音  は濁った発音  「ザ、ジ、ズ、ゼ、ゾ、」のように。

○"ss" と"ß"   は清音(濁らない)  「サ、シ、ス、セ、ソ」のように。




なので、私の苗字、Ogiso はドイツ語読みすると オギゾ になりますね。

佐々木さんは ザザキさん。 

鈴木さんはズツキさんになっていしまいますが、車のSUZUKIがあるので
大体の人がスズキと呼んでいたと思います。
そして割とすぐに覚えてもらえるらしいです。



きっとHondaさんやToyotaさんも・・・?

知り合いにいないので確認できませんが・・・。



"ss" と"ß" についてですが


○直前の母音を長く発音する場合は "ß"   "groß"

○直前の母音が短く発音する場合は "ss"   です。



"groß" (グロース)  「大きい」

"essen" (エッセン)  「食べる」  といった感じです。



???という方も、いくつか単語を覚えていくとなんとなくわかるようになるので、

覚えるときはブツブツしゃべりながら覚えてくださいね。




ちなみに、"groß" (グロース) と書きましたが、
実際の「ス」は、歯と歯の間から空気が抜けていくぐらいの発音です。

自然に標準語で「~です。」 と言うときの「す」 と同じです。




発音を書き表すのは非常に難しいですね・・・。










 

(2015年2月16日(月) 22:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

新着記事

さて、今回はいよいよ動詞の現在人称変化について勉強してみましょう。 そこで、まず、簡単ドイツ語レッスンの26と27をもう一度見てみてください。 動詞の不定形は、「語幹」と「語尾」に分かれること。 そして、人称代名詞についてです。 この二点...

さて、前回のブログでも少し触れましたが、ドイツ語の2人称には、[Sie]のほかに親しい間柄だけで使われる人称代名詞があります。 [du]   君(きみ) [ihr]   君たち どんな時に使うのかといますと まずは、家族。 年...

さて、動詞を勉強する上で「人称代名詞」を勉強しなければいけません。 ドイツ語は主語に合わせて「人称変化」するからです。詳しくは前回の記事をご覧ください。 では、ドイツ語の人称変化です。      1人称  ich (私)   wir (私たち) ...

では動詞の続きです。 今日は、動詞の 「不定形」 という言葉を覚えてください。 これは、動詞の基本的な形のことを指します。 ・・・というのは、ドイツ語は 主語によって動詞の形が変化する のです。 日本語でも、例えば 「走る」 という動詞は ...

さて、まず始めに楽器の名前から行きましょう。 この楽器、ドイツ語で何というか知ってますか??  ピアノ  ヴァイオリン  トロンボーン  ティンパニ   正解は・・・  ピアノ → Klavier (クラヴィーア)  ヴァイオリン ...

ブログ記事 ページ先頭へ