全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 12 発音について 4 [s の発音について]





前々回から子音について紹介していますが、今回も続きです。


"s" の発音についてです。

とっても簡単です。


 
○"s" +母音  は濁った発音  「ザ、ジ、ズ、ゼ、ゾ、」のように。

○"ss" と"ß"   は清音(濁らない)  「サ、シ、ス、セ、ソ」のように。




なので、私の苗字、Ogiso はドイツ語読みすると オギゾ になりますね。

佐々木さんは ザザキさん。 

鈴木さんはズツキさんになっていしまいますが、車のSUZUKIがあるので
大体の人がスズキと呼んでいたと思います。
そして割とすぐに覚えてもらえるらしいです。



きっとHondaさんやToyotaさんも・・・?

知り合いにいないので確認できませんが・・・。



"ss" と"ß" についてですが


○直前の母音を長く発音する場合は "ß"   "groß"

○直前の母音が短く発音する場合は "ss"   です。



"groß" (グロース)  「大きい」

"essen" (エッセン)  「食べる」  といった感じです。



???という方も、いくつか単語を覚えていくとなんとなくわかるようになるので、

覚えるときはブツブツしゃべりながら覚えてくださいね。




ちなみに、"groß" (グロース) と書きましたが、
実際の「ス」は、歯と歯の間から空気が抜けていくぐらいの発音です。

自然に標準語で「~です。」 と言うときの「す」 と同じです。




発音を書き表すのは非常に難しいですね・・・。










 

(2015年2月16日(月) 22:19)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

楽しくおしゃべりドイツ語レッスン
小木曽衣純 (ドイツ語)

千種・自由が丘・栄・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・東山公園・星ヶ丘・一社・ナゴヤ...

ブログ記事 ページ先頭へ