全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 11 発音について3   [子音]



ドイツ語は基本的にはローマ字で良いのですが、違う読み方の子音があるので、
紹介します。


"w" は 英語の"v"に近い 「ヴ」 の発音になります。
                          
                               "Wein" (ヴァイン)  「ワイン」
                               "was" (ヴァス)   「何」

"v" は 英語の"f"と同じ発音です。       
                               "Vater" (ファーター) 「父」
                               "vier" (フィーア)   「4」

 "j" は ヤ行の発音です。   
                               "Japan" (ヤーパン)  「日本」   
                               "jung" (ユング)    「若い」

 "z" は 「ツァ、ツィ、ツ、ツェ、ツォ」の発音になります。
                               
                               "Zoo" (ツォー)   「動物園」
                               "Zimmer" (ツィンマー)  「部屋」


 "qu" は 「クヴァ、クヴィ・・・」という発音になります。

                             "Quartett" (クヴァルテット) カルテット
                             "Quelle"  (クヴェッレ)    泉


こんな感じですね。


なので、例えば私の名前、Izumi はドイツ語読みで イツミ になります。

実際、初対面の人にはそう呼ばれてました。



友人の山尾さんという方が、ドイツでは、Yamao と書くより Jamao と書いた方がすんなり読んでもらえる とおっしゃておりました。

あと、Yumi という名前の友人も、初対面で自己紹介するときに
JではなくてYでYumiです、と言うそうです。


上にあげた子音が名前に入っている方は名乗るときに参考にしてくださいね。




                              

 



 

(2015年2月15日(日) 9:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

ブログ記事 ページ先頭へ