全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 4      どいういたしまして

さあ、“Danke !" (ダンケ!)   「ありがとう」 と言われましたら、


“ Bitte !" (ビッテ !) 「どういたしまして」 と返しましょう。



この“ Bitte !" (ビッテ !) は、いろんな場面で使えます。



たとえば・・・
   

○「~をください」 

 “Ein Bier bitte." (アイン ビーア ビッテ)  「ビールを一杯ください」
       
        “ein"  「ひとつ」
        “Bier" 「ビール」



○「どうぞ」
 
 “Bitte." [ 席を譲るとき、道をあけるときなど・・・,身振り手振りを入れて]   「どうぞ」



○「どうか ~ (してください)」

 “Sprechen Sie bitte langsam." (スプレッヒェン ズィー ビッテ ラングザム)
                       「どうかゆっくり話してください」

              “sprechen"  「 話す」
              “ Sie" 「あなた(は)」
              “langsam" 「ゆっくりと」


○「え??(もう一回言って!)」
 
“Bitte ?" 「え??何??」


....と、このように様々な場面使える便利な言葉です。



英語の Your welcome. とか please の意味も含んでいるのですね。

すでに英語が話せる方は注意してください。



ちなみに、私がオーストリア在住の時、オーストリア人(ドイツ語を話します)の友人が、英語を話す旅行客に写真撮影を頼まれたあと、

旅行客に“Thank you!!" と言われ、

“Please !!" と返答していました・・・。



ドイツ語圏の人が英語を勉強すると、逆に“please" の意味がごちゃごちゃになるんでしょうか・・・?





 

(2015年2月11日(水) 9:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

楽しくおしゃべりドイツ語レッスン
小木曽衣純 (ドイツ語)

千種・自由が丘・栄・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・東山公園・星ヶ丘・一社・ナゴヤ...

ブログ記事 ページ先頭へ