サイタ語学の習い事ドイツ語教室愛知 楽しくおしゃべりドイツ語レッスン スクールブログ 簡単ドイツ語レ...

簡単ドイツ語レッスン 4      どいういたしまして

さあ、“Danke !" (ダンケ!)   「ありがとう」 と言われましたら、


“ Bitte !" (ビッテ !) 「どういたしまして」 と返しましょう。



この“ Bitte !" (ビッテ !) は、いろんな場面で使えます。



たとえば・・・
   

○「~をください」 

 “Ein Bier bitte." (アイン ビーア ビッテ)  「ビールを一杯ください」
       
        “ein"  「ひとつ」
        “Bier" 「ビール」



○「どうぞ」
 
 “Bitte." [ 席を譲るとき、道をあけるときなど・・・,身振り手振りを入れて]   「どうぞ」



○「どうか ~ (してください)」

 “Sprechen Sie bitte langsam." (スプレッヒェン ズィー ビッテ ラングザム)
                       「どうかゆっくり話してください」

              “sprechen"  「 話す」
              “ Sie" 「あなた(は)」
              “langsam" 「ゆっくりと」


○「え??(もう一回言って!)」
 
“Bitte ?" 「え??何??」


....と、このように様々な場面使える便利な言葉です。



英語の Your welcome. とか please の意味も含んでいるのですね。

すでに英語が話せる方は注意してください。



ちなみに、私がオーストリア在住の時、オーストリア人(ドイツ語を話します)の友人が、英語を話す旅行客に写真撮影を頼まれたあと、

旅行客に“Thank you!!" と言われ、

“Please !!" と返答していました・・・。



ドイツ語圏の人が英語を勉強すると、逆に“please" の意味がごちゃごちゃになるんでしょうか・・・?





 

(2015年2月11日(水) 9:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

留学準備やビジネス向け独語も対応可!もちろんゼロからの方も大歓迎

新着記事

さて、今回はいよいよ動詞の現在人称変化について勉強してみましょう。 そこで、まず、簡単ドイツ語レッスンの26と27をもう一度見てみてください。 動詞の不定形は、「語幹」と「語尾」に分かれること。 そして、人称代名詞についてです。 この二点...

さて、前回のブログでも少し触れましたが、ドイツ語の2人称には、[Sie]のほかに親しい間柄だけで使われる人称代名詞があります。 [du]   君(きみ) [ihr]   君たち どんな時に使うのかといますと まずは、家族。 年...

さて、動詞を勉強する上で「人称代名詞」を勉強しなければいけません。 ドイツ語は主語に合わせて「人称変化」するからです。詳しくは前回の記事をご覧ください。 では、ドイツ語の人称変化です。      1人称  ich (私)   wir (私たち) ...

では動詞の続きです。 今日は、動詞の 「不定形」 という言葉を覚えてください。 これは、動詞の基本的な形のことを指します。 ・・・というのは、ドイツ語は 主語によって動詞の形が変化する のです。 日本語でも、例えば 「走る」 という動詞は ...

さて、まず始めに楽器の名前から行きましょう。 この楽器、ドイツ語で何というか知ってますか??  ピアノ  ヴァイオリン  トロンボーン  ティンパニ   正解は・・・  ピアノ → Klavier (クラヴィーア)  ヴァイオリン ...

ブログ記事 ページ先頭へ