サイタ語学の習い事ドイツ語教室東京 気軽にドイツ語 スクールブログ ”逆上がり”理...

”逆上がり”理論??

ふと、ドイツ語に触れていて考える事があります。

クラウド型翻訳や通訳が精度を増し、話すことが一瞬で、
適訳として話し相手に伝わる事により、
語学を学ぶ意欲は落ちてしまうのでしょうか?
”話せなくても、機械翻訳があるから、なんとかなる。”と考えてしまって、
語学勉強に目標や興味がなくなってしまったり。。

究極には、私のようなノンネイティブスピーカーにとっては
完璧にしゃべれる様になる事は、この先残念ながらありえません。
悲観的ではなく事実としてそうです。
ですから、適訳を行える夢の翻訳システムが現れるのを期待すると同時に、
それとは別に、なぜ言語を学ぶかということも常に疑問として、頭の中にあります。

では、なぜそれでも語学を勉強したいし、知りたい人に教えたいと思うのか。
私のそれに対する一つの答えは、”逆上がり”に似ているということです。

体育教育の一環として、逆上がり学習要項があり、小学生はそれを学ぶべきであるとし、体育教育関係者の方々が、様々な保健体育の重要性を吟味した上で、
小学校体育教育の一カリキュラムとして在る”逆上がり”。

この逆上がりという難題に苦しめられた挙げ句個人練習に励む人もいれば、いとも軽々とこなし、体育の成績やクラスメイトの人望も上昇する人も居ると思います。
そういうことが、逆上がりができるようになること、の動機になっていきます。

私たちの大半が、人生のはじめの方でこの”逆上がり”が出来た事によって、
人生の中で出会う、ひとつ小さな問題を解決したと考えていますが、ふと、
”逆上がりできる様になったけれど、できる必要があったのか?”
と考えませんか?

ここからは私の推測も入るのですが、
このような小さな成功体験を感覚として共有する、”共体験”が、
教育上の狙いなのではないか!?と、考えているのです。

話が長いので本題に戻りますが、、、、
要は、言葉を話せるという実感を持つ事、共体験をする事、
がドイツ語を学んで行く上での大きなきっかけになるのでは!?、
と考えるのです。

”話せて楽しい、言葉が通じる事が楽しい”
という感情は、日常日本語で話し、コミュニケーションの前提として日本語を使用しているとなかなか味わえない感覚です。

翻訳が完璧にできるようなシステムが現れたとしても、
それに対して間違いだらけのドイツ語で、
Japanisch-Deutschで意思疎通する楽しさは変わらないはずです。

長文失礼しました。










 

(2015年1月28日(水) 8:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イディオムが鍵!ベルリン工科大に留学した先生が会話のコツも教えます

新着記事

ドイツ語をやっていて必ずぶつかる壁に、名詞の区別があります。 ドイツ語の名詞は、男性、女性と中性名詞に分かれるということは、 このブログを読む方にはご存知の方もいらっしゃると思います。 簡単に言いますと、 職業名+er,-ingで終わる名詞、などは男性名詞。 -keit,...

ふと、ドイツ語に触れていて考える事があります。 クラウド型翻訳や通訳が精度を増し、話すことが一瞬で、 適訳として話し相手に伝わる事により、 語学を学ぶ意欲は落ちてしまうのでしょうか? ”話せなくても、機械翻訳があるから、なんとかなる。”と考えてしまって、 語学勉強に目標や興味がな...

先日とうとう初めてのレッスンを無事終える事が出来ました。 レッスン前には、ドイツ語を学ぶ方に手に入れてほしい知識と 勉強方法などもまとめてレッスンに臨みました。 実際のところは、レッスン中は、 常に受講生の方の投げかける課題に対応し続けでした。 そして、受講生の方から教わる事もた...

一つの単語の使われ方を理解する事で、 日常の中で使える文章は飛躍的に増えます。 逆に単語に意味を知っていても、使われ方を知らずに、 また使う体験がないことでなかなか記憶に残らない 言葉が増えて行けば、知識はなかなか身にはならないものです。 それからというもの、 まずは覚えた言葉...

あけましておめでとうございます! Frohes neues Jahr 2015 ! 年をまたいで、引き続き前回の続きをまたまた書き続けたいと思います。 前回お話した事のあらすじは、 時間をおいてドイツ語を再勉強し始めたら、すっかりドイツ語を忘れてしまっていた事。そして、常套単語...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ