サイタ語学の習い事ドイツ語教室東京 気軽にドイツ語 スクールブログ あけましておめ...

あけましておめでとうございます!私自身がドイツ語を学び始めた時にした事 その3

あけましておめでとうございます!
Frohes neues Jahr 2015 !

年をまたいで、引き続き前回の続きをまたまた書き続けたいと思います。

前回お話した事のあらすじは、
時間をおいてドイツ語を再勉強し始めたら、すっかりドイツ語を忘れてしまっていた事。そして、常套単語と文章に気を向けるより、文章の核となるキーワードを見つけられる事が語学学習で重要だ、という事です。

では、そのキーワードを把握できる様になるために、私自身がどうやって語学を学んだか前回に引き続き、今回お伝えしたいと思います。

まず、簡単な日常会話をすることです。文法など考えずに、一語で済む会話のキャッチボールをすることです。

例えば、”窓を開ける”
という事伝えたい場合があるとします。

この文章に書いてある事をドイツ人に伝える時に
私は考えました。
窓という単語は知らなくても、指でさせば理解してもらえる。
でも開けるという単語はパントマイムで実際指をさして、自分のジェスチャーを
加えないといけない。
実際には、ここまで複雑に思考を反復している訳ではないのですが、
”開ける”という単語を覚えておけば便利だなー、と思った訳です。

で、実際ドイツ人が困っている私をみて、
”das Fenster aufmachen?"
と話しかけてきたこともありました。

das Fenster は、必死に単語帳を作っていた時に
何回か反復したので覚えていました。窓という単語に冠詞が付いた形です。

では aufmachen は?
状況から判断して、開けるか閉めるかが妥当だなと思いました。
そして日常で使う時は、このaufmachenを
その状況に対応して使おうと覚え直したのです。

このaufmachenは、一ヶ月経っても忘れる事なく使い続けることができました。

物覚えの良くはない私ですが、一ヶ月経ってもaufmachenは、
適切に考えずに使い続ける事ができました。

少し長くなったので、これにて一度締めたいと思います。

次回に続きます。





 

(2015年1月6日(火) 11:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イディオムが鍵!ベルリン工科大に留学した先生が会話のコツも教えます

新着記事

ドイツ語をやっていて必ずぶつかる壁に、名詞の区別があります。 ドイツ語の名詞は、男性、女性と中性名詞に分かれるということは、 このブログを読む方にはご存知の方もいらっしゃると思います。 簡単に言いますと、 職業名+er,-ingで終わる名詞、などは男性名詞。 -keit,...

ふと、ドイツ語に触れていて考える事があります。 クラウド型翻訳や通訳が精度を増し、話すことが一瞬で、 適訳として話し相手に伝わる事により、 語学を学ぶ意欲は落ちてしまうのでしょうか? ”話せなくても、機械翻訳があるから、なんとかなる。”と考えてしまって、 語学勉強に目標や興味がな...

先日とうとう初めてのレッスンを無事終える事が出来ました。 レッスン前には、ドイツ語を学ぶ方に手に入れてほしい知識と 勉強方法などもまとめてレッスンに臨みました。 実際のところは、レッスン中は、 常に受講生の方の投げかける課題に対応し続けでした。 そして、受講生の方から教わる事もた...

一つの単語の使われ方を理解する事で、 日常の中で使える文章は飛躍的に増えます。 逆に単語に意味を知っていても、使われ方を知らずに、 また使う体験がないことでなかなか記憶に残らない 言葉が増えて行けば、知識はなかなか身にはならないものです。 それからというもの、 まずは覚えた言葉...

あけましておめでとうございます! Frohes neues Jahr 2015 ! 年をまたいで、引き続き前回の続きをまたまた書き続けたいと思います。 前回お話した事のあらすじは、 時間をおいてドイツ語を再勉強し始めたら、すっかりドイツ語を忘れてしまっていた事。そして、常套単語...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ドイツ語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ