全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 気軽にドイツ語 スクールブログ 私自身がドイツ...

私自身がドイツ語を学び始めた時にした事 その2

前回の続きです。

一学期間かけて学んできてドイツ語が、
次の一学期のはじめの授業には、”ちんぷんかんぷん” だったのです。

苦労して習得したはずのドイツ語読解スキルは、
ほぼ0に逆戻りしてしまい、
さらにレベルアップして行くドイツ語教科書の履修内容を、
完全に0から学習を始めて読み進めるのに
若干心が折られました。

今となっては、そうなってしまった事に納得のいく原因は明らかなのですが、
時間の制約のある中で、”短期的” に効果を出そうとする時の勉強法では、
語学はなかなか身に付かないのだと感じます。

はじめからドイツ語を学ぶ動機が明確であれば、
勉強法は自然に、”長い目で、一歩一歩学ぶ” というスタイルに近づきます。
そして、行き交う言葉の中で必然的に繰り返される
”常套単語、文章” を何度も目や耳にしているうちに、
自然なステップアップが行われているのです。

どういうことかというと、
”文章の構造上必要な言葉と、そうでないトピックの主体になる単語の違い”
が分かる様になる事で、トピックに重要な単語のみに注意が向けられる様になるという事です。

少し長くなったので、またこの続きは次回書きます。


もう、すっかり年末です、来年も良い年であります様に!

Ich wünsche dir einen guten Rutsch in ein glückliches und schönes 2015!



 

(2014年12月31日(水) 15:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イディオムが鍵!ベルリン工科大に留学した先生が会話のコツも教えます

気軽にドイツ語
橋本元 (ドイツ語)

東京・池袋・西日暮里・日暮里・上野・御徒町・北千住

ブログ記事 ページ先頭へ