全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室神奈川 わかばやしドイツ語教室 スクールブログ カセットテープ...

カセットテープはありまぁす

語学のリスニングに必須のアイテムといえばカセットテープ!かつてはそれぐらいしかなかった。
そんな中、90年代に始まったNHKのBS放送は画期的だった。なにしろ、海外の放送局のニュース番組がほぼリアルタイムで見られるようになったのだから。

そして今やインターネットの時代。ドイツ語に関しては2つの公共放送局のサイト(ZDF Mediathek, ARD Mediathek)で、ドイツで放送している様々な番組を24時間いつでも視聴することができる。ニュースだけではない、討論・トーク番組、ドラマ、ドキュメンタリー、なんでも楽しめる。
日本にいながらにして生のドイツ語のシャワーを目から耳から好きなだけ浴びることができるわけだ。便利な時代になったもんだ。
おかげで、我がヒヤリング能力も飛躍的に向上…、というわけにはいかないんだな、これが。聞き取れないところは何度再生しても分からない。
そもそも、そこんとこ聞き返そうと思っても、マウスホイールをその再生ポイントへ移動させることがうまくできない。

その点、カセットテープレコーダーは自由自在だった。
すべては勘だったが、巻き戻し・早送りの熟練の技が、聞き返したいところをズバリ的中させた!(ちょっと言い過ぎか)

で、やはり帰るところはカセットテープである。今も時々、十数年前のドイツやオーストリアのラジオ放送を録音した教材を引っ張り出して聞いている。

カセットテープもいずれ消えてなくなるのかもしれない。しかし、われらラジカセ世代が生き残っている限り、カセットテープは不滅です!!
カセットテープの価値を信じない者たちに、オボカタさん風にこう言おう、「カセットテープはありまぁす」

 

(2014年11月30日(日) 11:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドイツに魅了され留学期間を延長。基礎から着実に、穏やかな先生がサポート

わかばやしドイツ語教室
若林明彦 (ドイツ語)

長津田・町田・古淵・淵野辺・矢部・相模原・橋本・玉川学園前・相模大野

ブログ記事 ページ先頭へ