サイタ語学の習い事ドイツ語教室神奈川 わかばやしドイツ語教室 スクールブログ 暴力は愚者の言...

暴力は愚者の言葉

現地の日付で15日、反イスラムデモを呼びかけたネオ・ナチ、極右勢力(Rechtsextremisten)がハノーファーに集結。警察が厳戒態勢をとる中、このデモに反対する多くの市民も集結。たいした混乱は起こらなかったが、ニュース映像の中に、市民の掲げる面白い一枚のプラカードを見つけた。そこにはこう書かれていた。”Gewalt ist die SPRACHE der DUMMEN”「暴力は愚者の言葉」。うまい!

 

(2014年11月16日(日) 2:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドイツに魅了され留学期間を延長。基礎から着実に、穏やかな先生がサポート

新着記事

 1月はまったく悲惨な月だった。パリでの連続銃乱射事件、ウクライナ紛争の激化、そしてイスラーム過激派ISによる二人の日本人の殺害。二月に入っても悲劇は終わらない。先週末(14日)コペンハーゲンで、パリの事件のコピーと思われる銃撃事件が起こった。  欧州は、世界は、再び不寛容な時代、敵対す...

ヨーロッパに流入する移民・難民の増大はドイツ社会にとっても大きな問題だ。 多文化共生国家ドイツという理念に基づいて彼らを受け入れるのか、それともドイツの伝統的文化を「護る」ために彼らを拒絶するのか。両者の対立はますます激しくなっている。 後者の立場をとる新手の市民運動(?)「ペギーダ」...

そろそろクリスマス。おじさんがまだ若かった80年代、ホテルやレストランはカップルの予約で早くから一杯だった。今はどうなんだろ。 彼氏、彼女がいればベストだが、いなけりゃ仲間や家族といっしょにこの日を楽しむ、というのは今も変わりないんじゃないかな。 しかし、聖夜をひとりぼっちで過ごす...

とまあ、中高年しか分からないダジャレを思わず口にさせてしまうこの「ホーゲザ」、「ペギーダ」とは何か?タイトルでふざけてはみたが、実は、これはドイツの深刻な社会現象を現す言葉なのである。 ホーゲザ(HoGeSa)とは、" Hooligans gegen Salafisten"(ザラフィスト...

語学のリスニングに必須のアイテムといえばカセットテープ!かつてはそれぐらいしかなかった。 そんな中、90年代に始まったNHKのBS放送は画期的だった。なにしろ、海外の放送局のニュース番組がほぼリアルタイムで見られるようになったのだから。 そして今やインターネットの時代。ドイツ語に関して...

ブログ記事 ページ先頭へ