全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 シュニークナイペ ドイツ語講座 スクールブログ Wie hei...

Wie heiss ist jeden Tag!

皆様、大変ご無沙汰しておりますm(__)m
いかがお過ごしでしょうか?

最近はなんか猛暑が続いたかと思ったら、連日のゲリラ豪雨や梅雨の逆戻りやら…天候が目まぐるしく変化して、体がおかしくなりそうですよね(>_<)

でも一つ、毎年のように変わらないのは、今も、そしてこれからビールがおいしくなる時期☆これだけが救いです(苦笑)


私は日本のビールよりは、ドイツビールの方がダンゼン好きです☆日本のビールは基本的に冷やして飲むことを前提に作られていますが、ドイツのビールは常温でも十分においしいのです。
そこで今回は、ビールに関するウンチクを少々。

ビールは紀元前2050年のメソポタミア文明で、シュメール人によって作られました。当時の製法ははっきりわかっていませんが、粘土版に当時のビールの事が刻まれています。それから、世界中に伝来していったわけですが、かつてローマではワインが主流だったため、ビールは野蛮人の飲み物として見なされていたようです(-_-;)

これまでビールは様々なハーブを調合したグルートというものが原料に使われていたのですが、11世紀頃、ドイツのルプレヒトベルグ女子修道院のヒルデガルディス院長が、初めてビールにホップを使ったと言われています。さらに、粗悪な製法のビールを排除するため、1516年にヴィルヘルム4世によって、ビール純粋令が発令されたのです。

現在でも、このビール純粋令に従って作られています。

ビールもいろいろな歴史を経て、現在に至るのですね~。
しかし、最近でもフローズンビールやビアカクテルが流行り出したりして、ビールは進化しています。

皆さんはどんな飲み方がお好きですか?

それでは一足お先に…Prost☆

 

(2013年8月1日(木) 1:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

名門ミュンヘン大学に留学。教会など、地元に根付くドイツの魅力をお届け

シュニークナイペ ドイツ語講座
大竹みゆき (ドイツ語)

東京・目白・巣鴨・駒込・田端・西日暮里・日暮里・鶯谷・上野・御徒町・秋葉原・神田・有...

ブログ記事 ページ先頭へ