サイタ語学の習い事ドイツ語教室東京 必ず話せるドイツ語教室 スクールブログ 誰でも必ずドイ...

誰でも必ずドイツ語を活用できます。

私は32年前に横浜から船でロシアに渡りそこからシベリア鉄道でポーランドを経由しドイツに入りました。ドイツに留学し2年間ドイツ語を学び、当時は日本に戻る気持ちはありませんでしたので、片道切符のシベリア鉄道を選びました。
その後ハンブルグに貿易会社を起業し全てが一からのスタートでした。
留学時代に駐在員の方々のドイツ語家庭教師や商工会議所の企業通訳で資金を貯め
会社設立にこぎつけました。
多くの失敗や経験をこれからドイツに旅立つ方への参考になればと又、若い世代の方々に日本を出て海外で活躍して頂きたくそのお役に立てればと講師を始めました。
勤続25年現在もほぼ毎日ドイツとの交信は続けております。

ドイツ語には、しっかりとしたルールがあってそれを理解さえすれば後はパズルを組み立てる様にスムーズに理解できます。だからルールに強い日本人は ”誰でも必ずドイツ語を話せます” と言うことです。
私自身、当時 ”アルバイト”と言う言葉がドイツ語である事さえ知りませんでした。その他にも多くの外来語がドイツから入ってます。皆さんも良く耳にする言葉が案外ドイツ語なんですよ。
私と一緒にリアルタイムのドイツ語を楽しみましょう!今ドイツで起きている生のドイツを
共感しましょう!

 

(2013年7月6日(土) 17:57)

次の記事

この記事を書いたコーチ

ハンブルクで貿易会社を起業、勤続25年!ゼロ~ビジネス会話まで

新着記事

第一部では留学してから起業に至るまでを紹介しました。 第二部では起業してからのエピソードをお知らせします。 2年間の語学習得コースも終了しこの2年間で多くの人脈もできドイツ国内の状況も少しづつ見える様になってきました。 私にとって2年間の留学中に自分も学校で学びながら生徒さん教える機会が...

ビジネス・ドイツ語講座と言っても堅苦しいものではありません。私が25年間のドイツでの 就業中に体験した事、重要と思われる事を今回はテーマとしましょう。 と言っても25年間を語るには少々長くなりますので3部に分けて編集致します。 第一部:旅立ち編 32年前、在学中にアルバイトをしなが...

活きたドイツ語とはどんな事でしょう!それはドイツ人と同じリズムで話すように心がける事です、決して難しい事ではありません。簡単な歌マネと思えば良いんです。 勿論その裏付けには基礎の文法は必要不可欠ですが、只文法だけに気持ちが行ってしまうと意志の疎通が上達しません。 最初からドイツ語のリズムを...

私は32年前に横浜から船でロシアに渡りそこからシベリア鉄道でポーランドを経由しドイツに入りました。ドイツに留学し2年間ドイツ語を学び、当時は日本に戻る気持ちはありませんでしたので、片道切符のシベリア鉄道を選びました。 その後ハンブルグに貿易会社を起業し全てが一からのスタートでした。 留学時...

ブログ記事 ページ先頭へ