全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 スタートドイツ語ベッカー スクールブログ スポーツin ...

スポーツin Deutschland ( 市民プール編 )

ドイツ滞在中に平日、休日問わず時間がある時は市民プールへよく行った。

プールでもドイツと日本の違いはたくさんある。

日本ではコースロープが張ってあり、基本的には6コースくらいに分けられている。人々は各レーンの中で規則に従いながら泳ぐ事が出来る。

逆にドイツはというと、コースロープはよっぽどのことがない限り設置されないようである(街の大会などが開催される時のみ)。
日本人の感覚で言うと人々はルールもへったくれもなく、ど真ん中でのん気に浮いているだけの人、なぜかどんどん斜めに泳いで行く人、一応一生懸命泳いでいるが全然進まない人、本当に様々である。

だからドイツの市民プールで「今日は”1000m”泳ごう!」という目標を立てたところで、様々な障害に遭い達成できないのである。


私の個人的印象はドイツ人より日本人の方が断然泳ぎが上手だということだ。もちろん日本は海に囲まれた島国であるし、小さい頃から学校で習うというアドバンテージもある。


このように一歩踏み込んだ場所でドイツ人の自由さを感じるのも悪くはないし、時には興味深いことに遭遇することもある。
これが海外で生活する醍醐味でもあるのだから。



 

(2013年6月26日(水) 14:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

伝統的パン職人のもと、バンベルクで住み込みを経験。生きたドイツ語を伝授

スタートドイツ語ベッカー
山本舞 (ドイツ語)

池袋・江古田・練馬・富士見台・豊島園・練馬春日町

ブログ記事 ページ先頭へ