全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 ホップ・ステップ・ドイツ語レッスン スクールブログ 私のソウル・フ...

私のソウル・フード in Deutschland

『ソウル・フード』と聞いて、皆さんは、何を思い浮かべますか?

ドイツに留学したばかりの頃、私が一番に恋しく思ったのは、なぜかギョーザでした。
それまで特に好物だったわけではありません。
しかし胃袋がギョーザに目覚めたが最後・・
頭の中はそのこと一色!
とにかく食べたい!!
しばらく悶々とした日々を過ごしました。
私にとってのソウル・フードは、ギョーザなのかも知れません。

日本人ならではと言えば、やはり白いご飯に梅干し、それに海苔・・でしょうか。
帰国された方が、おそば屋さんに直行なんて話も耳にしますよね。

8月中旬にドイツから戻った私は、直にアレが食べたくなりました。
アレ・・HARIBOです。
皆さんはドイツのお菓子、HARIBOを御存じですか?
クマの形をしたフルーツ味のグミです。
日本でも時々、スーパーなどで見かけますよね。
ドイツにいる間、その歯ごたえのあるグミは、私の勉強の供でした。
また氷点下の空の下、劇場に通う道すがら、口に放り込んでは寒さをやり過ごす防寒対策にも。
ちょうど良い甘みと、パンチの効いた噛みごたえが、頭も心もシャキッとさせてくれました。
それが心地よくて、また食べたくなるのかも知れません。
今では、HARIBOを口に放り込む度、あの色とりどりのクマ達に
『ガンバレ~!』と声を掛けられているような気持ちがします。
またドイツにいた頃の様々な気持ちを思い返すきっかけにもなっています。

普段意識しなくとも、私達は、食べ物を通して、もっと色々な目には見えない物も食べているのかも知れませんね。

私にとって、HARIBOはソウル・フード in Deutschland です!

 

(2012年9月24日(月) 17:10)
この記事を書いたコーチ

クラシック音楽舞台スタッフを経て、ドレスデンに留学。五感で親しむドイツ語

ホップ・ステップ・ドイツ語レッスン
小森智子 (ドイツ語)

吉祥寺・国分寺・武蔵境・東小金井・仙川

ブログ記事 ページ先頭へ