全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室大阪 ラテルネドイツ語スクール スクールブログ 単語帳の作り方...

単語帳の作り方-名詞編-

皆さんは単語帳はどのように作っていますか?

今回は、名詞に関してアドバイスできればと思います。

辞書で意味を調べて単語帳に書き込むと思いますが、辞書を見る際、注目したいのは、
i. 名詞の性
ii. 2格の形/複数1格の形と意味
iii. その名詞に関連する動詞
です。

例えばRockだと、辞書には、
男 ―[e]s/ Röcke ③-n スカート
と書いてあります。
この場合、Rockは男性名詞で、
2格の形がRockesあるいはRocks、
複数1格がRöcke、複数3格がRöckenになります。
(荒いですが画像にアップしてます。
 使用しているのは同学社『新アポロン独和辞典』です。)

※ほとんどの辞書で、スラッシュの左側に2格を、
右側に複数1格(ときに複数③格も併記)を書く規則になっています。

これらを単語帳に書き込み、
加えて、名詞と一緒に使う動詞もメモしておきます。
辞書の説明部分に書いてありますので、
よく使う表現だけを書き抜きましょう。

Rockはスカートという意味ですので、
「スカートをはく・脱ぐ」という表現を合わせて
書いておきます。
例】Rock tragen スカートをはく
  Rock anziehen⇔ausziehen スカートをはく⇔脱ぐ

私の場合、単語帳はポケットサイズのノートを利用しています。
だいたい左のページに上で書いた3点を、
そして右側のページには何も書かずに余白にしておきます。
後から気づいたことを書き込めるようにするためです。

単語帳を作る際、ただ意味を書くだけよりも、
その名詞の性と格、意味、関連する動詞も
一緒に書くほうが効率よく勉強できます。

もちろん私の好みもあるので、この方法が絶対とは言いません。
(それにポケットサイズだと、
すぐにページがなくなって冊数がかさむというデメリットがあります。)

皆さんも自分だけの単語帳を開発してみてくださいね! 

単語帳の作り方-名詞編-単語帳の作り方-名詞編-

(2012年1月29日(日) 3:53)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ドイツ史専攻、留学も!社会や文化、物事の考え方までゲーム感覚で学ぶ

ブログ記事 ページ先頭へ