サイタ語学の習い事ドイツ語教室東京 児島ドイツ語レッスン♪ スクールブログ 「犬は吠える」...

「犬は吠える」はダメ!? あなたの無冠詞、正しいですか?

突然ですが問題です!!

次のうち、文として意味をなさ「ない」のはどちらでしょう?
1)"Hund bellt."
2)"Der Hund bellt."
(どちらも「犬は吠える」とでも訳しましょうか)



答えは1です!!☆ なぜだかわかりますか?

無冠詞(derとかeinとかをつけない)の一般名詞は、属性を表します。
「属性」というのは、どこに属しているかということです。

たとえば、柴犬は犬に属します。犬は哺乳類に属します、等。

つまり、属性は述語なのです!したがって、1を正確に記述すると

"X(z.B.Hachi) ist Hund. Der Hund bellt."
(X[例えばハチ]は犬である。その犬は吠える。)

となります。

文法的に考えた場合にも、「私は学生です」と言いたいときは、

"Ich bin Student."

となり、不定冠詞"ein"などはつけません。私は「学生」という集団に属し、その場合、一般名詞を無冠詞で用いるからです。

補足:
では、なぜ僕は
"Der Hund bellt."
を、「その犬は吠える」ではなく、「犬は吠える」と訳したのでしょう?

実は、定冠詞(der)には「全称判断的用法」というものがあります。
「およそ~というものは」
などのように、その概念全体を示したいときに、
[定冠詞+単数名詞]
で書きます。

したがって、

"Der Hund bellt."

という文が突然出てきた場合(前に、ある犬が登場していれば、その犬を指しますが)、通常、

「およそ犬というものは、吠えるのである。」

といった訳語になります。


長々と失礼しました(笑

 

(2011年4月30日(土) 10:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

早稲田大院でドイツ哲学専攻!現地で学んだ言い回しや擬音語も

新着記事

たまには、自分の専門に関わることについて、少し話してみようかと思います。 ^ ^ 最近、マイケル・サンデルというハーバード大学の学者のおかげで、「公共哲学」というものが日本でも認知されるようになってきたかと思います♪ 僕は、そのサンデルの先生にあたる、チャールズ・テイラーというカナ...

   よろこびに触れたくて    明日へ僕を走らせてくれ    僕の中にある"es"   (Mr.Children『【es】~Theme of es~』 作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿) ミスチルの名曲ですね♪ さて、ドイツの精神医学者フロイトは、精神の奥底にある本能的エネ...

突然ですが問題です!! 次のうち、文として意味をなさ「ない」のはどちらでしょう? 1)"Hund bellt." 2)"Der Hund bellt." (どちらも「犬は吠える」とでも訳しましょうか) 答えは1です!!☆ なぜだかわかりますか? 無冠詞(derと...

芥川賞をはじめ、様々な賞を受賞されている多和田葉子さんという作家をご存知でしょうか? 彼女が『Von der Muttersprache zur Sprachmutter(母語から語母へ)』というドイツ語で書かれた作品の中で、外国語を学ぶ人は、ホッチキス抜きのようなものだと言っていま...

新しくドイツ語コーチになりました、児島です!よろしくお願いします♪ ところで、「ユーロ地区(Euregio)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?日本では、あまり知られていないと思います。 「ユーロ地区」とは、EUが、国境の壁を乗り越えるため、重要な国境地域に設置した、新た...

ブログ記事 ページ先頭へ