全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 児島ドイツ語レッスン♪ スクールブログ ドイツ人よりド...

ドイツ人よりドイツ語上達?!:ホッチキス抜きの極意!!

芥川賞をはじめ、様々な賞を受賞されている多和田葉子さんという作家をご存知でしょうか?


彼女が『Von der Muttersprache zur Sprachmutter(母語から語母へ)』というドイツ語で書かれた作品の中で、外国語を学ぶ人は、ホッチキス抜きのようなものだと言っています。


つまり、母国語話者にとっては、言語と思考がくっついてしまっているため、自分達が話している言葉の不思議さについて、考えることがなかなかできない。

でも、外国語学習者は、固くホッチキスでとめられたような「言語」と「思考」の結びつきを、バラバラにすることができる、だから、その言語の不思議さを体験できるんだ♪って感じだと思います。

だとすると、実は、ドイツ人よりも、ドイツ語を学ぶ人の方が、ドイツ語の不思議さや構造について、深く学ぶ可能性を持っていると言い換えられるのではないでしょうか。

日本語話者も、外国人に「『は』と『が』の違いはなんですか?」とか、「どういうときに主語を省略できるんだい?」とか聞かれても、なかなか難しいですよね!

だから、臆する事なかれ。

あなたも、外国語学習によって、新たな世界観を手に入れましょう!!☆


ちなみに、「ホッチキス抜き(ドイツ語では Heftklammerentferner)」って知ってますか?多和田さんは、蛇に例えていますが、この蛇のような筆記用具は、ヨーロッパのものなのでしょうか?日本ではあまり目にしない気がします。

僕がドイツで買った小さな蛇をアップしておきます♪

ドイツ人よりドイツ語上達?!:ホッチキス抜きの極意!!

(2011年4月29日(金) 20:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

早稲田大院でドイツ哲学専攻!現地で学んだ言い回しや擬音語も

児島ドイツ語レッスン♪
児島匠 (ドイツ語)

高田馬場・立川・鷺ノ宮・田無・花小金井・小平・早稲田

ブログ記事 ページ先頭へ