全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 ドイツ語教室フロッシュ スクールブログ 2/9 目標...

2/9 目標レベル・レッスンデザイン

こんにちは。

今日書く内容は、前回の「良い文法書とは何か」に引き続き、生徒さんからよくある質問シリーズです。
それは「どのくらいの期間でどの位ドイツ語が出来るようになりますかね?」といった類の質問。


この質問をされると、よく戸惑います笑
「そんなん一言では言えません!」とか「あなた次第だよ!」とか突っ込みたくもなるけど、どういう答えがベストなのだろう。

ということで、単純かつ客観的に、「学習時間」と「レベル」の関係を少し調べてみました。



わたしの大学での1年生・2年生の学習経験からいくと、
レベルをA1~C2(※このレベル分けに関しては、同ブログ参照)にわけたとき、
全く初心者のA1の私がB1に突入したのは1年生の春休みに語学留学をして戻ってきて2年生に進学した時、

つまりその時点での学習時間は…
 「90分授業を週2~4回×1年間2学期分の6ヶ月(24回)
  +語学留学で一日4・5時間の授業を週5日×6週間」
位だったのかなーと思います。

なので単純計算で200~270時間。
ここにさらに自習時間なんかも入るので…実際はきっともっと複雑ですけど。

(ちなみにA1からA2うつるのはいつか…日独協会なんかはA2のレベルを「80時間以上学習した方」という風にしてるようです。)

B1に入ると、いわゆる「中級」の段階のスタート地点にいる状態になるわけですが
それには、大体200時間という記載が多いようです。
300~400時間程学べばB2に入る=いわゆる日常会話には困らない、という「生活に必要な基礎知識は一通りある」状態になるのではないでしょうか?
ひとつの言語を極めるために必要な学習時間は1000時間という説もあるようですし、
ドイツの大学に出願する際、ドイツ語能力証明としてだいたいそれだけの学習時間を証明出来なくてはいけないそうです。

でも文を書いてて&記事を読んでて、もはや300時間とかになってくると実感湧かないですねw
わたしも今までで何時間ドイツ語を学んでたかなんて皆目わからんですし…



上には、なんというかデーター的な書き方をしましたが、
結論からいうと「人それぞれ」です。
どの位その方が自習出来るのか、どの位の頻度でレッスンに来れるのか、どの位の早さで学んだことを吸収していけるのか等等、様々な要因が絡んでくるので「何時間でこうなるよ!」とは一概には言えません。

そして何より、こうしたプライベートレッスンの場合は、スクールや大学などの教育機関のように滞りなく毎週ペースを崩さずに進んでいくのはなかなか難しい、という特徴もあることを忘れてはいけません。
マンツーマンのレッスンですと、相手は一人、その方が納得し理解するまでは、教師のペースでどんどん進む事は許されません。
そこはグループレッスンとの大きな違い。
正直なところ、自分が予定していた教案より思っていた以上に時間がかかってしまう箇所が出てきたりして、プランに狂いが出がちなのも、マンツーマンならではの特徴だと思います。
また宿題なども、やってきていただいてることを前提にして授業に挑んだ時に、生徒さんが宿題をやってなかったとしたら…。
グループレッスンは一人二人忘れても、やらなかった人の責任としてその人を(言い方は悪いですが)無視してすすめられますが、マンツーマンはそうはいきません。

つまり「どのくらいの期間でどの位ドイツ語が出来るようになりますかね?」と尋ねている、あなた自身が「どの位、勉強をしてくるか、毎週きちんとプラン通りにすすめられるのか」というところにかかってもくるのです。


何か最後は「おどし」っぽい感じになってしましましたね爆。
長くなりましたが、一応↑参考にしてみてください&自分の学習時間を振り返ってみたりして下さいね!

おしまい。

 

(2011年2月9日(水) 14:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ウィーン大学留学、現在通訳士。超有名CMソングの作詞もした多才な先生

ドイツ語教室フロッシュ
吉成文乃 (ドイツ語)

東京・品川・大崎・五反田・渋谷・上野・大井町・蒲田・自由が丘・用賀・二子玉川・長原

ブログ記事 ページ先頭へ