全国5万人が受講している「サイタ」

ドイツ語教室・講座

ドイツ語教室・講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事ドイツ語教室東京 ドイツ語教室フロッシュ スクールブログ 10/19 d...

10/19 der Frosch

みなさんこんにちは^^
今日は一日曇っていましたねー空気も少し冷たくて、ようやく秋を感じました。


さて、今日は、教室名の由来をお話します。
子供時代、女子なら特に、ぬいぐるみを集めましたよね。
女の子三姉妹という家族構成も手伝ってか、我が家には物ごころついた時にはスゴイ量のぬいぐるみがいました。父お手製の大きな木製のぬいぐるみ入れに、収まりきらない量で…その種類、猫・犬・ウサギ・鴨・熊・パンダ・ワニetc


そんな中わたしが集めていたのは、カエルのぬいぐるみ(・З・)シュール

真ん中の姉が4歳の誕生日、末っ子だった私は2歳の時、姉が両親から4体のパペットをプレゼントされました。
そのなかの一体のカエルのパペットに、なぜか惹かれてしまい、姉のプレゼントなのにそいつを横取り(w)したのが、私のカエル狂いへのきっかけでした。
幼稚園・小学校・中学の頭までの間で集まったカエルのぬいぐるみ・置物は約40体!!
今は家の片隅の棚に犇めきあってしまわれています。
その中でも一匹、件のパペットガエルだけは、未だにしまわれることなく家族中から愛されています。
なんせリアルに22歳なので、毛は抜けてるし+穴は開きまくりで、ボロボロなのです…多分、写真をアップしたら、皆さんにひかれてしまうぐらいに…しかし、何故か愛着があって…わたしがウィーンに行く時は、母がダミーを手縫いで作ってくれて(!!)、お守り代わりに持って行った程です。
そんな、思い入れのあるカエル。
この教室開校が決まった時、ネーミングに悩みに悩み…結果「カエル=der Frosch」を採用させて頂きました♪

しかし、フロッシュというと、ドイツの大手・洗剤メーカーを皆さん連想されるのではないでしょうか??
フロッシュ社のネーミングには「カエルが住めるくらいに綺麗な水を保てる、環境にやさしい洗剤」という意味がこめられているそうです。
さすが環境大国ドイツ。
それに引き換え、私のネーミングにこめた意味のうすいこと。笑

しかし、いつかFrosch社に比類される程に、教室が繁栄していったらいいですね…(´∀`人)精進しマス!!


今日の単語はder Frosch(フロッシュ)=カエルでした。
おしまい。

10/19 der Frosch

(2010年10月19日(火) 17:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ウィーン大学留学、現在通訳士。超有名CMソングの作詞もした多才な先生

ドイツ語教室フロッシュ
吉成文乃 (ドイツ語)

東京・品川・大崎・五反田・渋谷・上野・大井町・蒲田・自由が丘・用賀・二子玉川・長原

ブログ記事 ページ先頭へ