サイタ資格取得講座社会福祉士資格講座三重 田中愼二の社会福祉士講座 スクールブログ 社会福祉士資格...

社会福祉士資格取得後のお話

 各お住まいの都道府県に社会福祉士会があります。
 試験に合格して終わりではなく、資格を生かすために研修活動を行っています。
今新に新基礎研修制度を採り入れ「認定社会福祉士」「上級社会福祉士」といった社会福祉士の資質を高め、名称独占を生かし資質と同時に「認定・上級」の冠を付けることになりました。
 三重県では3年目になりますが、課題は大変ですけど仲間づくりも出来ますし、
良い機会になると思います。5年程度をかけて長期的に行っていきます。私自身も受講中の身ですが、今は楽しみの一つになっていますよ!。

 

(2014年11月7日(金) 20:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

学生時代から福祉に携わり、この道20年。経験から得た知識をまるごと伝授

新着記事

 社会福祉士の資格取得を目指している方     社会福祉士の仲間作りを考えている方  どうぞお気軽にご連絡ください!  語り合いましょう

 社会福祉士と介護支援専門員。両方の資格を持っている人も多いのではないでしょうか。私もそうですが、見る視点が違うといいますか、一方ではICF(国際生活機能分類)に即した味方が主流ですが、社会福祉士は社会全体を見るところが違うんですね。

 皆さん社会福祉士のイメージってどんな感じですか? 堅物の正義の味方と思っている方もおられるのではないでしょうか? そういう人も中にはいますが、取得者には女性も多く、正義の味方かはともかくとして、やさしくておもしろい人も多いですよ。  私は、実は鉄ちゃんで、鉄分が多いです。撮り鉄や乗り鉄...

 社会福祉士の役割について考えてみましょう。あまりピン!と来ない人も多いと思います。業務独占ではないので、曖昧になっているのかもしれません。  相談援助職はもちろんのことですが、地域にない社会資源の開発に向けた仕掛け人でもあります。又、社会福祉士は、介護支援専門員と違い、その人の生活全般を視...

 突然ですが、【バイステックの7原則】ご存知でしょうか?  我々社会福祉士のバイブル的なものです。要約版は下記のとおりです。 1.クライアントを個人として捉える。 2.クライアントの感情表現を大切にする。 3.援助者は自分の感情を自覚して吟味する。 4.受け止める ...

ブログ記事 ページ先頭へ